ニュースPICK UP
新着情報INFORMATION
キリスト新聞社の本PICK UP
イメージ
現代に生きる信仰告白 -改革派教会の伝統と神学

教会形成への提言――
佐藤優の最新刊

キリスト教徒であって日本人であるとはどういうことか――。
「地の塩」としてイエス・キリストの真実を証ししていく私たちキリスト教徒は、キリスト教の土着化をはじめ、多くの課題を抱えている。
いまこそ、危機の時代を背景に信仰と学知(体系知)を考察した神学者たちの知識を借り、その業績を追体験することが、日本の教会形成の手がかりとして求められている。


「私自身の経験に若干触れて、キリスト教信仰(とりわけプロテスタント信仰)を持つ者は、他の宗教(宗派)の信仰を持つ人、あるいは信仰を持たない人よりも、この世界の現実をよりリアルに認識することができるということについてお話ししたいと思います」(本書「プロローグ」より)

【著者】佐藤優(さとう・まさる)
1960年東京生まれ。作家・元外務省主任分析官。同志社大学神学部、同大学院神学研究科修士課程修了後、1985年外務省に入省。主にロシアでの情報活動において活躍。外交官としての経験と圧倒的な学識で、さまざまなメディアで健筆をふるう。
[主な著書]『国家の罠』(新潮社、第59回毎日出版文化賞特別賞受賞)。『自壊する帝国』(新潮社、第5回新潮ドキュメント賞受賞、第38回大宅壮一ノンフィクション賞受賞)。『交渉術』(文藝春秋読者賞受賞、文藝春秋)、『神学部とは何か』(新教出版社)、『沖縄・久米島から日本国家を読み解く』(小学館)、『読書の技法』(東洋経済新報社)、『同志
社大学神学部』(光文社)、『先生と私』(幻冬舎)、『神学の思考』(平凡社)、『組織の掟』(新潮社)など多数。
[主な訳書]フロマートカ著『なぜ私は生きているか―J.L.フロマートカ自伝』(新教出版社)など。

【 四六判・並製・168頁・本体1,700円+税 】

[キリスト新聞社]ISBN978-4-87395-707-4

e-shope-shop教文館で購入
ブックサービスで購入
amazon.co.jpで買う

現代に生きる信仰告白 -改革派教会の伝統と神学
イメージ
キリスト教における死と葬儀 -現代の日本的霊性との出逢い

キリスト者にとって、死ぬということは...

「十字架の無力な死を通して導き出された貴い生の本質こそ、
 多くの悲劇を前に無力な我々への、清廉な力づけとなろう。」
 天童荒太『悼む人』著者推薦!

季刊『Ministry(ミニストリー)』第7号の特集「みんなで葬儀!」と「本のひろば」特別号「私たちの死と葬儀」などを中心に単行本化。キリスト教の死の理解、葬儀の意味などを明らかにしつつ、実践的、牧会的な視点をもって、看取りや悼み、死の準備教育など、著者が10数年にわたって取り組んできたことをまとめる。作家・天童荒太氏との対談「『悼む人』と十字架の神学」も収録。

【著者】 石居基夫(いしい・もとお)
 1959年生まれ。日本ルーテル神学大学(現ルーテル学院大学)、神学校卒業。東京での牧会経験を経て、米国ルーサー神学校へ留学。神学博士。専門は教義学。ルター神学を学びつつ、日本そして現代という脈絡の中にあるキリストの福音とは何かということを常に考える。日本福音ルーテル教会牧師、デールパストラルセンター所長。
 著・訳書に『スピリチュアルペインとそのケア』(キリスト新聞社)、『ルターを学ぶ人のために』(世界思想社)、『キリストの愛を伝え共に成長する―未来を愛する 希望を生きる』(リトン)、『共同の宣教に召されて』(教文館)などがある。

【目次より】
はじめに/日本人にとって、今、死ぬということ/死に直面して/キリスト教信仰において/キリスト
教の葬儀/牧師にこそ牧師が必要/「死に備える」ミニストリー/死の現実と信仰/看取ること、看取られること①/看取ること、看取られること②/「突然の死」に直面して①/「突然の死」に直面して②/臨終の時と祈り/地上での最後の交わり/葬儀礼拝─神の出来事として①/葬儀礼拝─神の出来事として②/すべてを主に委ねて/キリスト教葬儀の実際/キリスト者の死生観Ⅰ/キリスト者の死生観Ⅱ/キリスト者の死生観Ⅲ/桜とゆり─日本的死生観とルターの死と復活の理解/天童荒太『悼む人』を読む/悼む人と十字架の神学(天童荒太×石居基夫 対談)/遺族と牧師のホンネ/ケーススタディ「こんな時、どうする?」

【 四六判・246頁・本体1,800円+税 】

[キリスト新聞社]ISBN978-4-87395-705-0

e-shope-shop教文館で購入
ブックサービスで購入
amazon.co.jpで買う

キリスト教における死と葬儀 -現代の日本的霊性との出逢い