礼拝探訪 -神の民のわざ

≪ 越川弘英 著 ≫

歴史と伝統、社会や文化との出会いの中から生まれてきた豊かな実り!
キリスト教とその礼拝は、私たちが考えているよりもはるかに長い歴史と広がり、そして多様性を持っている。そうした事実を知ることは、礼拝のみならず、私たちの信仰、そして教会形成に対しても、豊かな示唆を与えてくれることであろう。現代日本における様々な教派・教会の礼拝の現場を著者自ら取材。『キリスト新聞』好評連載(2006年5月~ 2007年9月)の単行本化。

【目 次】
第1章 『祈祷書』による礼拝 ―聖公会の礼拝
第2章 「リタージカル・ムーブメント」へのチャレンジ ―長老派教会の礼拝 
第3章 聖霊がもたらす「元気!」 ―ペンテコステ派の礼拝
第4章 伝統の継承、伝統の刷新 ―ルーテル教会の礼拝
第5章 「心は神に、手は人に」 ―救世軍の礼拝
第6章 「彼はナザレの人と呼ばれる」 ―ナザレン教会の礼拝
第7章 洗礼(バプテスマ)へのこだわり、礼拝へのこだわり ―バプテストの礼拝
第8章 礼拝は土曜日に ―セブンスデー・アドベンチスト教会の礼拝
第9章 各個教会の自主自立が生み出すもの ―組合教会の礼拝
第10章 「主憐(あわ)れめよ」「主爾(なんじ)に」「アミン」 ―ハリストス正教会の礼拝
第11章 継続か、変革か。岐路に立つ礼拝 ―同盟教団の礼拝
第12章 沈黙の中に神を待ち望む ―クェーカーの礼拝 
第13章 「そして二者は当教会と世界のために説教をしつづける」 ―クリスチャン・サイエンスの礼拝
第14章 「行きましょう、主の平和のうちに」 ―ローマ・カトリック教会の礼拝

■好評既刊
今、礼拝を考える ―ドラマ、リタジー、共同体 越川弘英 著
現代の礼拝スタイル ―その多様性と選択を考える ポール・バスデン 著、越川弘英、坂下道朗 訳

【 四六判/306頁/本体2,400円+税 】

[キリスト新聞社](ISBN978-4-87395-556-8)

  • e-shop教文館で購入
  • ブックサービスで購入
  • セブンネットショッピングで購入
  • amazon.co.joで買う
礼拝探訪 -神の民のわざ