【画像】 ワールド・ビジョンがアドベント募金 代官山にコインアートも設置 2016年12月10日

【画像】 ワールド・ビジョンがアドベント募金 代官山にコインアートも設置 2016年12月10日

 国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ、片山信彦事務局長)はクリスマスを前に、「子どもを想う力」を掲げたキャンペーンを始めた。「私たち一人ひとりが、『子どもを想う力』で世界の子どもたちとつながることができたら、クリスマスにはみんなが温かい気持ちになれるはず」との願いから、オリジナルの「アドベントカレダー」を作成し、2千人に無料でプレゼントしている。
 このカレンダーは、クリスマスまでの24日間(12月1日~24日)、日付の窓を一つずつ開けて硬貨を入れることで世界の子どもたちに「喜びを贈る」ことができる。集まった募金は、スーダン、南スーダン、バングラデシュの子どもたちに安全な水、衛生環境や栄養状態を改善するための食糧を届けるために用いられる。100円玉24日分は60㍑のきれいな水に、500円玉24日分は5歳未満の子どもたち300人の栄養補助食1回分に相当するという。
 また、これに先立ち11 月18~27日には、「くつ下の力。子どもを想う力」と題するチャリティイベントとして、東京・代官山の商業施設ログロード代官山に日本初のコインアート募金箱(高さ2㍍)を設置し、途上国の子どもたちに安全な水や食糧を届けるための支援を呼び掛けた。500円、100円、10円玉を入れることができ、コインでくつ下の模様が出来上がる仕組み。完成すれば総額43万円余になる。
 初日のオープニングセレモニーには、WVJ親善大使の酒井美紀さんも駆けつけ、子どもたちと一緒にファーストコインを投じた。子どもたちを前に、アフリカ・ルワンダの少年を題材とした紙芝居を読み聞かせた酒井さんは、「地球上のすべての子どもたちが安心して幸せに暮らせる場所になればいいなと願っています」と語った。
 「子どもを想う力 アドベントカレダー」の申し込みはウェブサイトから、またはワールド・ビジョン・ジャパン(℡0120・465・009、平日 9時半~17時)まで。

 詳しくは紙面で