【画像】 特集・SNS時代のツイッター宣教 〝ラクして福音〟上馬キリスト教会 フォロワー1万人超の実績 2016年12月25日

【画像】 特集・SNS時代のツイッター宣教 〝ラクして福音〟上馬キリスト教会 フォロワー1万人超の実績 2016年12月25日

 「神ってる」が新語・流行語大賞に選ばれた今年、下半期にブレイクしたツイッターのお化けアカウントがある。東京・世田谷にある単立上馬キリスト教会。「使徒信条、ニカイヤ信条、アタナシウス信条に立脚」した、ごく普通の伝統的プロテスタント教会だが、その公式アカウントが発するユニークなツイート(つぶやき)がネット上で注目を集めている。先月だけでフォロワー数が4千増。今月12日には1万を超え、今もなお増え続けている。その発信力の秘訣を探るため、管理者を訪ねた。


 2015年2月にアカウントを開設して以来、管理・運営を担っているのは渡辺俊彦牧師の長男、純さんと同じ教会員の横坂剛比古(たけひこ)さん。始めたのは礼拝後の雑談がきっかけだったが、当初は何を載せればいいか分からず、他の教会アカウント同様、風景の写真や聖書の言葉、説教要約を載せたブログへのリンクなどをつぶやくだけだった。
 しかし、2人で相談しながら「教会あるある」や「教会豆知識」を始めたことに加え、「#」マークを付けるハッシュタグを利用した大喜利(特定のお題・テーマでネタをツイートし合う企画)に参加するようになり、徐々に存在感を増すようになる。
 当初、「説教要約だけでいい」「意味があるのか」という意見もあったが、牧師である純さんの父は「現代版の路傍伝道」と位置づけて許容してくれた。母は、「何が面白いか全然分からないけど、ウケているなら面白いんだろうね」と温かく見守ってくれた。
 今年6月には、「#違法ではないが一部不適切 イエス、高須クリニック」のツイートを高須クリニックの高須克弥院長本人がリツイート。リツイートしてくれたアカウントをフォローすると、フォローバックされる(ツイートの読者になってくれる)という好循環が生まれ、11月にNHKのニュース番組にも取り上げられると、飛躍的にフォロワーが増えた。
 平均10~11万台だった月間インプレッション数(広告の表示回数)は、先月770万超え。当初、リツイート数がひとケタだった「説教要約」も、最近では20を超える。さらに、リアルな実績も生み出している。この間、毎週のようにツイッターを見て来たという新来者が続いているのだ。中には遠方からわざわざ訪ねてくる人もいるという。
 「もちろん興味本位の人とか、すでに洗礼を受けている人もいるので当教会の教勢につながるかは保証できません。たとえ9千人のフォロワーがいても、この教会に通えるのは100人以下。おそらく今後、一度も教会に行かないで一生を終える人も多い中では、聖書に興味を持ってもらうしかありません」と横坂さん。
 30代の横坂さんに対し、純さんは20代。早稲田大学スポーツ科学学術院でスポーツ科学を学び、サッカーのコーチとして中学生から大学生までを相手にしている分、幅広い世代の流行事情にも精通する。また、仕事上、企業のツイッターアカウントの管理業務にも携わっているため、その仕組みにも明るいことが功を奏した。
 「真面目な先生が真面目な話をしても聞いてもらえない。まずは『面白い』とか『カッコいい』という動機で心を開いてもらわなければ」と語る純さん。根底には、宗教の高いハードルを下げたい、「ダサい」「かっこ悪い」「怪しい」というイメージを払拭したいという〝2世〟としての思いもある。

 詳しくは紙面で