【画像】 激動の時代〝限界〟超えて キリスト新聞社創立70周年記念講演 芦名定道 2016年12月25日

【画像】 激動の時代〝限界〟超えて キリスト新聞社創立70周年記念講演 芦名定道 2016年12月25日

 「忽然として一人の人物が姿を現わす」「闇市の雑踏の中に現れたのはイエス・キリストである」――主筆の武藤富男が「創刊の辞」にそう書き記して以来、実に70年の長きにわたり出版事業を続けてきた小社。その節目を記念するため、日基教団富士見町教会(東京都千代田区)で11月19日に開かれた公開講演会では、かつて「論壇」の執筆も手掛けた京都大学大学院文学研究科教授の芦名定道氏が、「戦後キリスト教の歩みと出版――新たな宣教を切り拓くために」と題し、70年の歴史を振り返りつつ展望を語った。


 戦後71年――そして、キリスト新聞社創立70周年。キリスト教の歴史から見れば決して長い時間ではないのですが、わたしたちにとってはかなり長い時の流れとも思われる、この過去を振り返るところから、話を始めたいと思います。最初の10年間については武藤富男先生の『社説三十年』が復刻されているので、詳細はそれをご覧ください。
 戦後の時代は、敗戦の中からわたしたちの先輩が立ち上がり、日本を立て直すという歩みから始まったのですが、平和と軍拡という対照的なものの間で時代が揺れてきたという印象を受けます。初めのうちは戦争に負けて平和憲法が制定されたばかりですから、当然、平和というものが中心となります。ところが朝鮮戦争のあたりになってくると、自衛隊の問題と共にぐっと右の方に寄っていきます。
 その中でキリスト教会は、たとえば1960年の安保闘争、それからその後の教会紛争につながる学園紛争によって相当揺さぶられます。その後遺症がずいぶん長く残りました。これは不幸なことであったとわたしは思います。
 そしていわゆる高度経済成長期に入る。その中で、わたしたちは精神的なものをどこかに置き忘れてしまい。社会は急速に世俗化していきます。いつの間にかキリスト教ブームは去っていて、教会はせっかくのチャンスを活かせたのかという反省も起こってくる。教会内を見ると、70年代、80年代くらいから、いわゆる高齢化と呼ばれる問題が進行し、そこから今に至る教勢停滞の状況が続くことになりました。
 日本社会はこの揺れ動き中で、特に90年代以降、急速に右傾化していきます。わたしたちは今、憲法そのものが危うくなっているという事態に直面していますが、以上のような激動の中に、この70年間はあったのです。
 その中で、キリスト教出版はどのような役割を果たしてきたのでしょうか。
 たとえばキリスト新聞社のことで言いますと、新聞の標語に「平和憲法を護れ」とあります。これは創刊号から掲げられていたわけではなかったと聞いていますが、ある時期からはずっと掲げられ、今も堅持されているわけです。このことは非常に重要な意味を持っています。平和憲法を一貫して掲げるというのは、なかなかたいへんなことです。右傾化する中でそれを掲げれば、いろいろなところから圧力を受ける。あるいはキリスト新聞から離れる人も出てくるかもしれません。そういう中で平和を語り続けるというのは労苦の要ることで、貴重な貢献であったと思います。

 詳しくは紙面で