【画像】 「宗教改革は常に続く」 徳善義和氏が浦和ルーテル学院で「教育」語る 2017年2月11日

【画像】 「宗教改革は常に続く」 徳善義和氏が浦和ルーテル学院で「教育」語る 2017年2月11日

 ルター研究の第一人者として知られる徳善義和氏(ルーテル学院大学名誉教授)が1月24日、「宗教改革と子どもの教育――現代の教育のためになにを学ぶか」と題して浦和ルーテル学院(さいたま市緑区)で講演した=写真。同学院PTAが宗教改革500年を記念して開催したもので、一般の参加者も含め約80人が参加した。
 同氏は「宗教改革500年記念」の「記念」という言葉を取りたいと述べ、「宗教改革を思い出して記念しているようではいけない」と主張。昨年10月、スウェーデンのルンドでローマ・カトリック教会とルーテル世界連盟が合同礼拝を行い、声明を出したことに触れ、カトリック教会の変化に注目。ルーテル教会を含め、教会はいつの時代にも改革されていかねばならないと訴えた。
 まず、宗教改革当時の教会と社会について解説。16世紀の教会では、礼拝はラテン語で行われ、聖書もラテン語以外の翻訳は禁止されていたため、庶民は教会の教えの意味が分からなかった。当時の教会の考えは、人間が善を行いそれを神が認めるというもの。人々の罪を消すという名目で教会は『免罪符』を販売した。そのような中、1517年にルターが『95箇条の提題』をヴィッテンベルク城の教会の扉に貼り出した。
 「ルターの考えは聖書が中心で、我々が善い行いをしたから天国に行けるのではなく、罪深い我々を助けるために神はキリストを人間に送ってくれたというもので、当時の教会の考えから180度転換したものだった」と述べた同氏は、ルターが民衆のためにドイツ語での礼拝や説教、賛美歌を取り入れ、ドイツ語による信仰著作やドイツ語訳聖書などを次々に生み出していったことを説明した。

 詳しくは紙面で