【画像】 高山右近列福式に1万人 推進委員長 川邨裕明神父に聞く 〝「信仰を守る」のは神の力〟 2017年2月25日

【画像】 高山右近列福式に1万人 推進委員長 川邨裕明神父に聞く 〝「信仰を守る」のは神の力〟 2017年2月25日

 アンジェロ・アマート枢機卿(教皇代理、ローマ教皇庁列聖省長官)の司式による高山右近の列福式が2月7日、大阪城ホール(大阪市中央区)で行われ、国内外含む約1万人が参列した。高山右近に所縁ある地域や自治体、子孫、また仏教の関係者も招待された。韓国、ベトナム、フィリピン、ルクセンブルク、ポルトガルなど世界各国から列席者があり、海外の報道陣も見られ、注目の高さがうかがわれた。
 1615年2月3日、キリシタン大名・高山右近はフィリピンのマニラで病没。2015年、没後400年を機に日本カトリック中央協議会は高山右近を福者として認定するようにローマ教皇庁に申請した。列福運動推進委員会委員長の川邨裕明氏(カトリック芦屋教会主任司祭)に話を聞いた。


――列福に至る経緯は?


 2010年の春に日本カトリック司教団でユスト高山右近の列聖運動に取り組むことが決まり、同年10月からカトリック大阪教区内に列福運動推進委員会を立ち上げました。大阪教区は八つの地区に分かれているので、そこから各1人、事務局やイベント・アドバイザー、旅行会社や歴史家に加わっていただき、約15人程度で準備を進めてきました。
 当初、「証聖者」として申請しましたが、教皇庁より、高山右近は殉教者としての生き方を示しているので「殉教者として申請してはどうか」とのアドバイスがありました。殉教者の福者認定に奇跡は必要ないのです。しかし、「聖人」に列聖されるためには奇跡が必要になります。今回の列福には、ペトロ岐部や187殉教者の列福運動に20年以上携わり、昨年亡くなられた溝部司教様の調査も功を奏しました。
 「信仰を守る」というのは、自分の力ではどうにもならない、個人の努力を超えたものです。高山右近その人よりも、彼に働いた神の力が凄いなと思います。日本人では、殺されたことではなく、生き抜くことで殉教者となった初めての福者です。

 詳しくは紙面で