【画像】 宗教改革テーマにゲーム化 コンテスト募集締め切り 5月に結果発表 2017年3月25日

【画像】 宗教改革テーマにゲーム化 コンテスト募集締め切り 5月に結果発表 2017年3月25日

 宗教改革500周年を記念し、宗教改革をテーマにしたアナログ(電源を使用しない)ゲームを募集していたゲームコンテストは、3月13日に締め切りを迎えた。同コンテストは、宗教改革をより広く知ってもらおうと、「バイブルハンター」をはじめ「聖書コレクション」シリーズ全6作を作成してきたキリスト新聞社が、初めてゲームのアイデアを公募した企画。
 期日までに郵送や持ち込みを含め、計18作品が寄せられた。応募したのは教会や個人、大学の研究室など地域も立場もさまざま。宗教改革にまつわる中世の歴史に則った設定を採用したものが多く見られた。
 今後、同シリーズのゲームデザインを手がけてきた中村誠さん、同じく監修を務めた三輪地塩さん(日本キリスト教会浦和教会牧師)に加え、改革派教会に通うプロテスタント信徒のゲームプログラマー「moon Gamer」さんら審査員による審査を経て、商品化する優秀作品を5月14日に発表する予定。
 「moon Gamer」さんはコンテストに際し、「宗教改革をどのようにとらえて解釈し、ゲームを形作る枠組みの効果的な素材として取り入れるかは、ひとえにゲームデザイナーの裁量に任されています。そのようなゲームデザイナーの観点や主張が、ゲームの形で表現されることで昇華し、なおかつ如才なくモチーフと共鳴している、そんな作品と出会えることを願っています」と期待のコメントを寄せていた。
 締め切り前日の12日には、神戸国際展示場(神戸市中央区)で、アナログゲームの振興とユーザーの交流を目的とした「ゲームマーケット2017神戸」が開催された。同イベントは、東京と関西で年3回開催されており、出展者が製作したアナログゲームを展示・販売する。
 2014年以来、出展を続けてきたキリスト新聞社は今回、「バイブルハンター」の世界観をもとにしたTRPG(テーブルトーク・ロールプレイングゲーム)のベータ版を披露。場内に設けられた体験卓では、ブースを訪れた来場者がゲームに興じる姿が見られた。

 詳しくは紙面で