【画像】 〝迷える羊〟は地域の中に 「教会に還る」終着点を ホッとスペース中原代表 佐々木炎氏インタビュー 2017年4月15日

【画像】 〝迷える羊〟は地域の中に 「教会に還る」終着点を ホッとスペース中原代表 佐々木炎氏インタビュー 2017年4月15日

 さまざまな困難を抱えた現代社会の中で、教会が「地域に仕える」ためには何が求められているのか。主の復活を祝うイースターを前に、牧師として、福祉の専門職として、高齢者から子どもやその親に至るまで、全世代を対象に幅広い福祉事業を展開するホッとスペース中原代表の佐々木炎氏に話を聞いた。


 まだ介護保険制度が導入される前の1998年10月、新しい教会でどのように宣教していくのか考えた時に、旧態依然とした方法ではなく、地域の人たちと課題を共有しようということでデイサービスを始めました。当初、社会福祉士の資格を持つ妻とわたしを含めスタッフは3人でした。
 かつて「措置制度」が主流だった福祉の業界では、一人ひとりがサービスを選んで決められるという主体性、個別性が尊重されていませんでしたが、「選べる介護」をモットーに定員7人という小規模でスタートしました。デイサービスを始めたのは市内で2番目、介護保険を宗教法人で始めたのは日本で初でした。
 その後、地域と時代の要請に応えて高齢者の訪問介護、居宅介護支援(ケアマネ)、知的障害者のグループホーム、子育て支援のためのヘルパー派遣や広場、成年後見などに活動を広げてきました。現在は、高齢者のデイサービスでは、一緒に料理をしたり、体操をしたり、要介護の高齢者と母親と子どもによる世代間交流も行っています。
 ホッとスペース中原の特徴は、介護福祉士の資格保有者が70~80%いることです。それは、神さまが尊ばれる一人ひとりを、言葉だけでなく、存在を用いて宣教したいという思いからです。スタッフのキリスト者率は30~35%で、採用の条件にもしていません。ノンクリスチャンを大切にするのは宣教のためではなく、人口の99%を占める彼らがどういう思いを持っているかということを分かち合えるためです。彼らは、わたしたちがどうあるべきかを教えてくれる存在でもあります。

 詳しくは紙面で