24年ぶり展示 「バベルの塔」の時代と魅力 寄稿 真下弥生(ルーテル学院大学・東京神学大学非常勤講師) 2017年5月27日

東京・上野の東京都美術館で7月2日まで開催中の「ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル『バベルの塔』展」。同作が日本で展示されるのは24年ぶりとあって注目を集めている。また、ブリューゲルに影響を与えたとされる画家、ヒエロニムス・ボスの貴重な油彩2点も来日。同展の見どころについて解説してもらった。

―――

筆者は24年前、セゾン美術館(1999年閉館)で開催された「ボイマンス美術館展」で、『バベルの塔』を見た時の印象を、今なお覚えている。街中で展覧会のポスターこそ目にしていたが、作品のサイズが想像以上に小さかったこと。長期にわたる造営の末、経年変化した塔の外壁の描写。ありえない大きさの塔の姿を構想する画家の想像力と、現実味が随所ににじみ出る表現との、絶妙なバランスに心をつかまれたものだ。

その時の展覧会は混雑とはほど遠く、『バベルの塔』もじっくり見ることができたが、今回は開幕から3週間あまりで来場者が10万人を突破し、ツイッターで混雑状況が毎日更新されるサービスぶりに、美術展もずいぶん変わったものだと思わずにはいられない。

再度日本にやってきた『バベルの塔』の細密描写については、展覧会の広告やウェブサイトがいささか煽り気味に解説しているので、そうした話題はひとまずおき、この作品の背後の状況について、少し紹介しておきたい。

ピーテル・ブリューゲル(父)の手になる「バベルの塔」は、2点の現存が確認されており、もう1点=写真左=はウィーンの美術史美術館が所蔵している。大きさはボイマンス版の倍にあたり、ブリューゲルと同時代のアントウェルペンの豪商、ニコラス・ヨンゲリンクが所蔵していた。建設途中の塔を中央に据えた構図は共通しているが、美術史美術館版には、画面の左手前に、建設現場を訪ねる王と従者、その足元にぬかずく労働者たちが描かれている。

この絵が題材とした旧約聖書・創世記11章のエピソードにはない描写だが、フラウィウス・ヨセフスが1世紀に執筆した『ユダヤ古代誌』には、神を凌駕しようと塔の建設を命じる王ニムロドが登場する。ブリューゲルは王に加え、そのようなこの世の権威に従わざるを得ない人々の姿も描き込んでいる。また当時のアントウェルペンは、ヨーロッパ有数の裕福な商業都市でもあった。河岸に建てられたブリューゲルの「バベルの塔」は、流通で栄えたアントウェルペンの姿を重ねているともみえる。

この直後に描かれたと考えられているボイマンス版では、前景にいた王たちは姿を消し、高くそびえる塔の内外で、無数の人々が作業にいそしむ様子が活写される。ブリューゲルのまなざしは塔そのものにとどまらず、その周辺にいつしか形成されていった道や港、そこに行き交う人々の営みにも注がれる。

一方で、すでに塔に追い越されてしまった雲が、粛々と続けられる人間の仕事を俯瞰するように流れる姿に、個々の細部から引いた視線へと引き戻される。ブリューゲルは、当時の人々がなじんできた物語を、わかりやすく画像に置き換えることにとどめず、むしろ見る者の方が絵の世界に入り込んで、自ら物語を作り出すよう誘うかのようだ。見る者の想像力を解放する描写は、この絵が現代人をも引きつける理由の一つだろう。

特集一覧ページへ

TO TOP