「新求道共同体の道」神父 東京のミサで共同司式 2017年10月11日

 カトリック東京関口教会(カテドラル=司教座大聖堂)で、日本を司牧訪問中のバチカン(ローマ教皇庁)福音宣教省長官フェルナンド・フィローニ枢機卿を迎え9月24日、日本司教団および司祭団が共同司式する形でミサが行われた。

 司祭団の1人として運動体「新求道共同体の道」の谷口幸紀神父が参加していたことが明らかになった。

 ミサは、岡田武夫東京大司教が主司式し、フィローニ枢機卿が説教を行った。福音宣教省長官が同席したミサで、共同司式司祭の1人として谷口神父が祭壇上に迎えられたことは、「新求道共同体の道」問題に新たな展開も予想される。(CJC)

宣教・教会・神学一覧ページへ

宣教・教会・神学の最新記事一覧

TO TOP