長野県護国神社への知事参拝にNCC靖国問題委が抗議 2020年11月21日

 長野県の阿部守一知事が長野県護国神社を参拝し、同神社の崇敬会会長を務めていることに対し、日本キリスト教協議会(NCC)靖国神社問題委員会(星出卓也委員長)は11月4日、抗議声明を送付し、憲法の政教分離原則を順守するよう求めた。

 声明では、田中康夫氏を除く歴代の長野県知事が同神社の崇敬会会長に就任している事実を指摘。阿部知事が同神社の例大祭に出席し、参拝と共に祝辞を述べる行為は、「県護国神社に関わりを持つのは県民として当然のこと」という機運を生み出し、特定の宗教を信仰しない自由を圧迫、干渉することにつながると主張した。

Towacoco - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=49832530による

社会・教育一覧ページへ

社会・教育の最新記事一覧

TO TOP