【既刊】『反貧困の神 -旧約聖書神学入門』 ノルベルト・ローフィンク(大宮有博訳)

聖書の言葉に立ち帰り、貧しい人々に共感し連帯する!

本書の原題である「貧しい者の優先的選択」(Option for the Poor)は、解放の神学が教会の課題として提起したテーゼである。流動化する社会階層のなかで、次々と経済の底辺に落ちていく貧困者に、キリスト者がどう連帯するのか、解放の神学を聖書学の視点から検証する。

【目次】
第1章 地平
 ―古代中近東における神と貧しい人々
第2章 出エジプト物語
 ―貧しい人々の側に立つ神
第3章 聖書における神と貧しい人々

ノルベルト・ローフィンク=カトリック司祭。申命記、コヘレト、詩編の研究者
大宮有博=名古屋学院大学准教授

【A5判・99頁 定価1,650円(本体1,500円+税)】
【キリスト新聞社】9784873955643

書籍一覧ページへ

TO TOP