<キリスト教カウンセリング講座ブックレット17> 老いを生きる -教会の課題、キリスト者の課題 ●第3刷●

<キリスト教カウンセリング講座ブックレット17> 老いを生きる -教会の課題、キリスト者の課題 ●第3刷●

加藤常昭牧師が「老い」を語る。注目の一冊! 高齢化社会を迎えて、喜びや悲しみ、また危機体験を通し、充実した老いの日々をどのように生きるかを信仰への求道精神の中で捉える。 【目次から】 はじめに―私た  ・・・
<キリスト教カウンセリング講座ブックレット6> 聖書におけるスピリチュアリティー・スピリチュアルケア ●第2刷●

<キリスト教カウンセリング講座ブックレット6> 聖書におけるスピリチュアリティー・スピリチュアルケア ●第2刷●

現代人は「スピリチュアル」なものに飢えているようである。その現象は今の時代が持つ根源的な不安と閉塞感を表しているともいえる。本書では、現代に生きる私たちに対し、聖書がどのような「スピリチュアリティー」  ・・・
わたしたちの信仰 -日本基督教団信仰告白による ●第3刷●

わたしたちの信仰 -日本基督教団信仰告白による ●第3刷●

信仰が聖書と教理に即して正しくされ深められていくことを願い、やさしい語り口で書かれた主文17編、使徒信条11編、再臨と審判9編、付録・信仰生活15編。信仰告白の一層の理解と、信仰をより深めたいキリスト  ・・・
<関西学院大学神学部ブックレット5> 自死と教会―いのちの危機にどう応えるのか 第46回神学セミナー

<関西学院大学神学部ブックレット5> 自死と教会―いのちの危機にどう応えるのか 第46回神学セミナー

自死の問題にどう向き合い、現代の教会がどのようにして応えていけるのかを考察。2012年2月に行われた関西学院大学神学部神学セミナーの講演と礼拝を収録。 ■いのちの危機にどう応えるのか―わたしたちに問わ  ・・・
<キリスト教カウンセリング講座ブックレット12> ミドルエイジの問題 -家族療法の視点から

<キリスト教カウンセリング講座ブックレット12> ミドルエイジの問題 -家族療法の視点から

中年期の危機を克服し、カウンセラーとして援助するために ミドルエイジ(中年期)に起こりやすい問題を取り上げ、その克服と援助の仕方について、家族療法の視点から、ジェノグラムとケーススタディーを元に解説。  ・・・
一六時四〇分 -がんになった臨床心理士のこころの記録

一六時四〇分 -がんになった臨床心理士のこころの記録

人生の夕暮れに クリスチャン臨床心理士ががん患者としての自分を物語る人生論エッセイ! 今あるささやかな希望に生きる 人生を一日にたとえ、 24時間で表現することがある。 有名なのは、実年齢を 3で割  ・・・
西洋哲学要史 -西洋哲学史要・波多野宗教哲学(時間論)素描

西洋哲学要史 -西洋哲学史要・波多野宗教哲学(時間論)素描

多野宗教哲学の功績を現代に! 西洋哲学二千年の主流(ヘレニズム)の観念性を剔抉し超克するアウグスティヌスもベルグソンも、また実存哲学のハイデッガーも到達し得なかった不朽の名著! 波多野宗教哲学「時と永  ・・・
<説教塾ブックレット11> まことの説教を求めて-加藤常昭の説教論

<説教塾ブックレット11> まことの説教を求めて-加藤常昭の説教論

説教は神の言葉である! 日本の説教と説教学の分野において、少しでもそれらを学ぼうとするならば、加藤常昭という存在に否応なしに向き合わざるを得ない。本書は加藤常昭牧師の説教論をできるかぎり正確かつその特  ・・・
主は取られる 大震災を経て-ヨブ記を読む

主は取られる 大震災を経て-ヨブ記を読む

ヨブ記は、苦しんでいる一人一人に深い慰めを与える。苦しみの中から、 新しい価値あるものが生まれる。 「ヨブ記についてこの本を手にしているあなたには、やはり何か理由がおありでしょう。おそらく、非常につら  ・・・
神学の小径Ⅱ ―神への問い

神学の小径Ⅱ ―神への問い

揺れ動く時代のただ中で、人間は神を問う。 神学の基礎知識を網羅! 季刊『教会』に「物語る教会教義学」と題して連載しているものを順次、単行本化。神学の基礎知識を体系的に整理するのには、最適の一冊。『神学  ・・・