最近の宣教・教会・神学情報

 日本聖書協会(渡部信総主事)は、2018年の完成を目指して10年から聖書の新翻訳事業に取り組んでいる。現在各書のパイロット版を発行して、一般読者からの意見を募っている。今年中に編集委員会による編集作  ・・・

 詳細はこちら

 日本ハリストス正教会教団西日本主教教区は3月20日、講演会「神に近づく――聖人たちの歩む道」を大阪ハリストス正教会信徒会館(大阪府吹田市)で開催し、各地から約60人が参加した。これは、同教区で行われ  ・・・

 詳細はこちら

 3月の第一金曜日は世界祈祷日国際委員会(本部=米ニューヨーク)が推進する「世界祈祷日」。毎年世界各地でテーマに沿った祈りがささげられている。今年は「わたしはあなたに不当なことをしているか?」をテーマ  ・・・

 詳細はこちら

 東京ミッション研究所(東京都東村山市、東條隆進所長)は2月27日、冬季フォーラム「地域社会に開かれた教会」をお茶の水クリスチャンセンター(東京都千代田区)で開催した。昨年に続き2回目の開催となる今回  ・・・

 詳細はこちら

 「アメリカ大統領選挙をふりかえって――反知性主義と民主主義の行方」と題し、国際基督教大学副学長の森本あんり氏が2月20日、東京YMCA午餐会で講演した。会場は東京大学YMCA(東京都文京区)。約70  ・・・

 詳細はこちら

 日本で半世紀以上の歴史を持つ超教派の聖会「ケズィック・コンベンション」が、今年も北海道から沖縄、全国10地区で開催された。中でも、最も長い歴史を持ち、55年間箱根で開催されてきた「日本ケズィック・コ  ・・・

 詳細はこちら

 公益財団法人庭野平和財団(庭野浩士理事長)は2月20日、第34回庭野平和賞に、ルーテル世界連盟(LWF)議長のムニブ・A・ユナン氏(ヨルダン及び聖地福音ルーテル教会=ELCJHL=監督)を選出したこ  ・・・

 詳細はこちら

 日本宗教連盟(東京都港区、植松誠理事長=日本聖公会主座主教)は、昨年6月に創立70周年を迎えたことを記念して2月18日、「宗教を現代に問う」と題したシンポジウムを日本聖公会聖アンデレ教会(東京都港区  ・・・

 詳細はこちら

 今を生きる人たちの苦悩と、そこにどのような福音を届けられるのかを探り牧会に活かすことを目的とした「臨床牧会セミナー」が2月6~8日、ルーテル学院大学(東京都三鷹市)で開催された(日本ルーテル神学校主  ・・・

 詳細はこちら

 ルター研究の第一人者として知られる徳善義和氏(ルーテル学院大学名誉教授)が1月24日、「宗教改革と子どもの教育――現代の教育のためになにを学ぶか」と題して浦和ルーテル学院(さいたま市緑区)で講演した  ・・・

 詳細はこちら