最近の宣教・教会・神学情報

 ドイツの伝道者ラインハルト・ボンケ氏が1974年に創設し、アフリカを中心に世界中で7600万人をイエス・キリストに導いてきた伝道団体「クライスト・フォー・オールネイションズ(CfaN)」(日本事務局  ・・・

 詳細はこちら

 伝道者不足、教会の体力低下は日本の多くの教会に共通する現象であるとして、共に日本の教会の未来を考えようと、「どこも同じ『教勢の危機』だからこそ」と題する意見交換の場が5月21日、日本聖書神学校(東京  ・・・

 詳細はこちら

 東京基督教大学(TCU、小林高徳学長、千葉県印西市)は5月16日、米イリノイ州のホイートン大学学長であるフィリップ・ライケン氏を招き、「キリストを核に――神の国のリーダーシップのための信仰と学問」と  ・・・

 詳細はこちら

 病や親しい人との死別、失業などさまざまな苦しみを抱え教会にやって来る人たちのケアを牧師だけでなく、信徒もその働きにあずかれるよう育成する「ステファン・ミニストリー」(本部=米ミズーリ州セントルイス)  ・・・

 詳細はこちら

 「時代が変わっても、伝え方はこれまでどおりでいいのか」といった教会の疑問に応え、「発信」のあり方を問い直そうという研修会「教会的『宣伝会議』セミナー2017」が5月3日、ウェスレアン・ホーリネス教団  ・・・

 詳細はこちら

 日本エキュメニカル協会(JEA、松山與志雄理事長)が毎年顕彰する「エキュメニカル功労賞」の第23回顕彰者に徳善義和氏(ルーテル学院大学、日本ルーテル神学校名誉教授)が選ばれた。JEAが制定する「エキ  ・・・

 詳細はこちら

 日本ルーテル教団(東京都千代田区、清水臣議長=戸塚ルーテル教会牧師)は、宗教改革500年を記念する礼拝を5月3日、東京ルーテルセンター教会(同)で行った。全国から教職や信徒約130人が出席した。    ・・・

 詳細はこちら

 明治学院歴史資料館(東京都港区)は同資料館資料集の第12集として『東京がたり』を刊行した。  米国長老教会海外伝道局が無料配布用に作成した小冊子(原題〝Telling Tales on Tokyo〟  ・・・

 詳細はこちら

 賀川豊彦記念松沢資料館(東京都世田谷区)では、5月27日まで特別展「賀川豊彦と松澤村」を開催している=写真下。上北沢桜並木会議、日基教団松沢教会、松沢幼稚園の協力で3月28日から開催中の同展は、宗教  ・・・

 詳細はこちら

 内村鑑三記念キリスト教講演会(同運営委員会主催)が3月26日、東京都目黒区の今井館聖書講堂(NPO法人今井館教友会)で開催され、約120人が参加した。文芸評論家の小林孝吉氏(神奈川大学常務理事)、浦  ・・・

 詳細はこちら