最近の映画・音楽・文化情報

 同じ交通事故で愛する人との死別を経験した男女の、深い喪失感から再生へと向かう100日間を描く台湾映画『百日告別』。監督の林書宇(トムリン)は、若くして妻を失くした実体験から本作を着想した。日本公開に  ・・・

 詳細はこちら

 山田火砂子監督による三浦綾子原作の映画『母――小林多喜二の母の物語』(現代ぷろだくしょん制作)が2月10日、江戸東京博物館ホール(東京都墨田区)で公開初日を迎え、上映後には多喜二役の塩谷瞬さん、多喜  ・・・

 詳細はこちら

 バックパッカーがたった一人で始めた「イスラーム映画祭」。その2回目となる「イスラーム映画祭2」が、東京と名古屋でこの1月に開催された。3月には神戸での開催も控えている。  日本では、まだまだ縁遠く感  ・・・

 詳細はこちら

 1962年の創立から半世紀以上J・S・バッハの合唱曲を日本語訳詞で上演している東京バッハ合唱団(大村恵美子主宰)が、11月に《ロ短調ミサ曲》の日本語上演を行う。同作品は、カトリックとプロテスタントの  ・・・

 詳細はこちら

 フランス語を公用語とするカナダ東部のケベック州。自然豊かなこの土地で、カトリック修道会の経営する女学校が閉鎖の危機にさらされる。校長のシスターは音楽教育を切り札に生き残りを図るが――。  映画『天使  ・・・

 詳細はこちら

 遠藤周作没後20年という記念すべき年に、『沈黙』が再び脚光を浴びることになった。17世紀江戸初期、激しいキリシタン弾圧の中で棄教したとされる師・フェレイラの真実を確かめるために日本にたどり着いた宣教  ・・・

 詳細はこちら

 御歳82を迎えたグルジア出身の巨匠オタール・イオセリアーニの、パリをながめる視線はユーモラスだが批評的だ。激動の時代をあつかう中でも暮らしのディティールへ目配りを怠らず、描き出す存在の滑稽さにこそ霊  ・・・

 詳細はこちら

 非常な寡作で知られる名匠テレンス・マリックの新作が公開される。描かれるのはハリウッドでの享楽的な日々に疑いを覚える、一人の売れっ子脚本家がたどる魂の道行きだ。  心に空虚を抱える脚本家は、6人の女性  ・・・

 詳細はこちら

 オウム真理教による地下鉄サリン事件が起きた1995年生まれの学生たちが中心に、「信じる人」をテーマとする映画祭「信じる人をみる宗教映画祭」が12月10~16日の7日間、ユーロスペース(東京都渋谷区)  ・・・

 詳細はこちら

 聖公会が教会暦として定める諸聖徒日(11月1日)と諸魂日(同2日)を前に、立教大学池袋キャンパス内の立教学院諸聖徒礼拝堂(東京都豊島区)では、同礼拝堂聖歌隊が毎年異なる作曲家のレクイエムを奉唱するこ  ・・・

 詳細はこちら