最近の映画・音楽・文化情報

 オウム真理教による地下鉄サリン事件が起きた1995年生まれの学生たちが中心に、「信じる人」をテーマとする映画祭「信じる人をみる宗教映画祭」が12月10~16日の7日間、ユーロスペース(東京都渋谷区)  ・・・

 詳細はこちら

 聖公会が教会暦として定める諸聖徒日(11月1日)と諸魂日(同2日)を前に、立教大学池袋キャンパス内の立教学院諸聖徒礼拝堂(東京都豊島区)では、同礼拝堂聖歌隊が毎年異なる作曲家のレクイエムを奉唱するこ  ・・・

 詳細はこちら

 合唱組曲「水のいのち」や「典礼聖歌」の作曲で知られる作曲家・髙田三郎(1913~2000)の果たした役割を検証しようと、声楽家で指揮者の鈴木茂明氏が「髙田三郎『歌唱音楽の力』」と題して9月28日、東  ・・・

 詳細はこちら

 2017年の宗教改革500年を前に、一般の人たちにも宗教改革とルターについて知ってもらおうと、ルーテル学院大学図書館(東京都三鷹市)が11月5日まで、「宗教改革500年プレ・イヤー図書館企画展」を開  ・・・

 詳細はこちら

 遠藤周作学会(笠井秋生代表=梅花女子大学短期大学部名誉教授)の第11回全国大会が9月17日、関西学院大学(兵庫県西宮市)で開催された。会員を中心に45人が出席した。  今年は遠藤の没後20年、『沈黙  ・・・

 詳細はこちら

 9月4日に列聖されたマザー・テレサ。その列聖と、東京都写真美術館(東京都渋谷区)のリニューアルオープンを記念して、9月10日~30日、同美術館ホールで「列聖記念・マザー・テレサ映画祭」が開催された。  ・・・

 詳細はこちら

 「キリスト教についてもっと知りたいが、本がたくさんあり過ぎてどこから読めばいいか分からない」――日々寄せられるそうした声に応えるため、キリスト教出版販売協会(幹事長・戸塚邦夫氏=日キ販代表取締役社長  ・・・

 詳細はこちら

 戦後キリスト教文学の金字塔として名高い遠藤周作の『沈黙』を映画化した、マーティン・スコセッシ監督の『沈黙―サイレンス―』(原題「Silence」)が、2017年に公開することが決定した(KADOKA  ・・・

 詳細はこちら

 作家・遠藤周作(1923~1996)の没後20年にあたる今年は、その代表作『沈黙』(新潮社、1966年)の刊行から50年の節目でもある。これを記念した国際シンポジウムが8月20日、『沈黙』の舞台であ  ・・・

 詳細はこちら

 バチカン(ローマ教皇庁)から今年3月、カトリック教会で最高位の崇敬対象となる「聖人」に認定されたマザー・テレサ。彼女の命日(9月5日)の前日に行われる列聖式にあわせて、9月10~30日、「列聖記念  ・・・

 詳細はこちら