最近の映画・音楽・文化情報

 作家・遠藤周作(1923~1996)の没後20年にあたる今年は、その代表作『沈黙』(新潮社、1966年)の刊行から50年の節目でもある。これを記念した国際シンポジウムが8月20日、『沈黙』の舞台であ  ・・・

 詳細はこちら

 バチカン(ローマ教皇庁)から今年3月、カトリック教会で最高位の崇敬対象となる「聖人」に認定されたマザー・テレサ。彼女の命日(9月5日)の前日に行われる列聖式にあわせて、9月10~30日、「列聖記念  ・・・

 詳細はこちら

 己の腕のみを信じ、因習的な価値観の一切を嫌悪する天才外科医。ある夜、息子が神父になると言い出したことをきっかけに、目に映らないものは神をも唾棄するこの外科医が、前科持ちのカリスマ神父と交錯する。映画  ・・・

 詳細はこちら

 カトリック、プロテスタントの美術家による絵画や彫刻などが展示される「キリスト教美術展」(キリスト教美術協会主催)が、日基教団銀座教会・東京福音会センター(東京都中央区)で7月15日まで開催されている  ・・・

 詳細はこちら

 今年4月、群馬県高崎市に新たなキリスト教書店「聖書店 オリーブ」が開店した。群馬キリスト集会の信徒で会社員の成田祐児さんが、妻と、同じ集会のメンバーと共に運営にあたる。  書店を始めたきっかけは、高  ・・・

 詳細はこちら

 シグニスジャパン(カトリックメディア協議会、千葉茂樹会長)が、年に1度キリスト教の愛の教えに基づく福音的な映画を選び、その監督に贈る「日本カトリック映画賞」。1976年の開始から40回目を迎えた今年  ・・・

 詳細はこちら

 神父による児童への性虐待の真実を、ボストン・グローブ紙が追及していった事実を描いた衝激の映画「スポットライト 世紀のスクープ」。ロードショー前日の4月14日、作品で紅一点の記者サーシャを演じたレイチ  ・・・

 詳細はこちら

 1961年、元ナチス親衛隊将校を被告とする裁判が全世界の注目を浴びた。被告の名はアドルフ・アイヒマン。欧州各地から絶滅収容所へのユダヤ人移送を統括したアイヒマンは「命令に従っただけの歯車の一人」だっ  ・・・

 詳細はこちら

 自身の出自であるアイヌ民族の口承文芸(カムイユーカラ)を記録し、ローマ字と日本語に訳した『アイヌ神謡集』の著者であり、キリスト者だった知里幸恵(1903~1922)の生涯を一人芝居で演じている舞台女  ・・・

 詳細はこちら

 宗教改革500周年を迎える2017年に向けて、マルティン・ルターの好きだった「音楽と酒」をテーマにしたイベント「ルターナイツ」が3月11日、ライブハウス「晴れたら空に豆まいて」(東京都渋谷区)で開催  ・・・

 詳細はこちら