最近のトップニュース

 来住英俊神父の最新刊『キリスト教は役に立つか』が注目を集めている。  数々の著書の中で常に意識してきたのは、教会の「外」に対する発信。しかし、意外にもカトリック教会内での評価は「本を出し続けてご立派  ・・・

 詳細はこちら

 2013年3月、約600年ぶりに生前退位したベネディクト16世の後を継ぎ、初の南半球出身、初のイエズス会出身として第266代ローマ教皇に就任したフランシスコ。イタリア移民2世で、サッカーとタンゴをこ  ・・・

 詳細はこちら

 三島由紀夫による異色作『美しい星』が映画化され、5月26日から公開中だ。テレビ業界や国会議員に存在感をもたせた脚本に、平沢進の名曲「金星」の挿入歌採用が相まって、現代への翻案ながらレトロな昭和感も醸  ・・・

 詳細はこちら

 東京・上野の東京都美術館で7月2日まで開催中の「ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル『バベルの塔』展」。同作が日本で展示されるのは24年ぶりとあって注目を集めている。また、ブリューゲルに影響を与えたと  ・・・

 詳細はこちら

 教会を狙った自爆テロに、エジプト全土が震撼している。タンタの聖ゲオルギオス教会、アレクサンドリアの聖マルコ教会で4月9日、相次いで爆発が起き、過激派組織「イスラム国」(IS)は190人の死傷者を出し  ・・・

 詳細はこちら

 香港が中国への返還からちょうど20年を迎える今年、良質のインディペンデント映画をまとめて観られる映画祭が、東京での開催(4月15~21日)を皮切りに名古屋、大阪を巡回する。上映作品には、都心の大通り  ・・・

 詳細はこちら

 「国家や政治の課題を神学的に研究すること」は、今日の日本の教会にとって避けることのできない課題であるとして、この意識を共有する有志を中心に研究や討論を重ねていきたいと、山口陽一氏(東京基督教大学教授  ・・・

 詳細はこちら

 さまざまな困難を抱えた現代社会の中で、教会が「地域に仕える」ためには何が求められているのか。主の復活を祝うイースターを前に、牧師として、福祉の専門職として、高齢者から子どもやその親に至るまで、全世代  ・・・

 詳細はこちら

 「注解書は読むけど辞典は......」  そんな声が教会からは聞こえてきそうだ。このほど、教文館から2冊のキリスト教辞(事)典が相次いで発刊された。『旧約新約聖書神学事典』と『オックスフォード キリ  ・・・

 詳細はこちら

 東京都世田谷区のカトリック赤堤教会に隣接する場所に今年4月、57人の園児を迎え、「マリア保育園」(赤堤3‐20‐4)が誕生した。同所では、カナダのケベック外国宣教会が1951年から「ファチマのマリア  ・・・

 詳細はこちら