最近のトップニュース

 被災地へのボランティアなどを中心に活動してきた神戸国際支縁機構(理事長・岩村義雄=神戸国際キリスト教会牧師)はこのほど、ネパール、バヌアツ、ベトナムなど、海外の被災地で親や住居を失った子どもたちを継  ・・・

 詳細はこちら

 6年目の3月11日を迎え、各地で追悼の催しが行われた。日基教団仙台青葉荘教会(宮城県仙台市)では、仙台圏宣教協力会の主催で県内の教会合同による追悼礼拝が行われ、200人を超える信徒らが地震発生時の1  ・・・

 詳細はこちら

 1907年、日本日曜学校協会として設立された日本キリスト教協議会(NCC)教育部(石田学理事長)が今年で110周年を迎え、この5月に「平和教育資料センター」を開設しようと準備を進めている。同センター  ・・・

 詳細はこちら

 東日本大震災から6年の月日が流れた。東北に関する報道が減り、未曽有の体験は風化の一途をたどる。しかし被災者の避難生活は今も続いており、原発の廃炉も除染土壌の最終処分も具体的な目途はいまだついていない  ・・・

 詳細はこちら

 災害時の心のケアを始め、医療や企業の現場でもメンタルヘルスの問題が重要視されている昨今、「祈り」や「天国」という言葉に慰めを見出そうとする人も多い。さまざまな悩みを抱える現代人に対してキリスト教界は  ・・・

 詳細はこちら

 アンジェロ・アマート枢機卿(教皇代理、ローマ教皇庁列聖省長官)の司式による高山右近の列福式が2月7日、大阪城ホール(大阪市中央区)で行われ、国内外含む約1万人が参列した。高山右近に所縁ある地域や自治  ・・・

 詳細はこちら

 キリスト教出版販売協会が共同で作ったブックガイド「これだけは読んでおきたいキリスト教書100選」の関連フェアを開催中の教文館(東京都中央区)で2月4日、「シゴトは地味だが面白い」と題するトークイベン  ・・・

 詳細はこちら

 作家・遠藤周作は、父親の仕事の都合で幼少時代を満州で過ごした後、母と共に帰国し、多感な少年時代を阪神の地で送った。12歳の時に母や伯母の影響で受洗したカトリック夙川教会のある夙川、そして西宮市と宝塚  ・・・

 詳細はこちら

 「ブォー、ブォー」――カトリック教会の聖堂に、ほら貝の音が響いた。1月17日午前5時46分。22年前のこの日、この時間に起こったマグニチュード7・3の阪神・淡路大震災では6千434人が亡くなり、今も  ・・・

 詳細はこちら

 原作と出会ってから28年――。読んだ瞬間に映画化を熱望し、長年にわたって温め続けてきたマーティン・スコセッシ監督。映画『沈黙―サイレンス―』が、いよいよ公開される。窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形ら  ・・・

 詳細はこちら