最近のトップニュース

 アンジェロ・アマート枢機卿(教皇代理、ローマ教皇庁列聖省長官)の司式による高山右近の列福式が2月7日、大阪城ホール(大阪市中央区)で行われ、国内外含む約1万人が参列した。高山右近に所縁ある地域や自治  ・・・

 詳細はこちら

 キリスト教出版販売協会が共同で作ったブックガイド「これだけは読んでおきたいキリスト教書100選」の関連フェアを開催中の教文館(東京都中央区)で2月4日、「シゴトは地味だが面白い」と題するトークイベン  ・・・

 詳細はこちら

 作家・遠藤周作は、父親の仕事の都合で幼少時代を満州で過ごした後、母と共に帰国し、多感な少年時代を阪神の地で送った。12歳の時に母や伯母の影響で受洗したカトリック夙川教会のある夙川、そして西宮市と宝塚  ・・・

 詳細はこちら

 「ブォー、ブォー」――カトリック教会の聖堂に、ほら貝の音が響いた。1月17日午前5時46分。22年前のこの日、この時間に起こったマグニチュード7・3の阪神・淡路大震災では6千434人が亡くなり、今も  ・・・

 詳細はこちら

 原作と出会ってから28年――。読んだ瞬間に映画化を熱望し、長年にわたって温め続けてきたマーティン・スコセッシ監督。映画『沈黙―サイレンス―』が、いよいよ公開される。窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形ら  ・・・

 詳細はこちら

 カトリック中央協議会(東京都江東区)は2016年8月に『回勅ラウダート・シ――ともに暮らす家を大切に』(教皇フランシスコ著、瀬本正之、吉川まみ訳)、10月に『今こそ原発の廃止を――日本のカトリック教  ・・・

 詳細はこちら

 「神ってる」が新語・流行語大賞に選ばれた今年、下半期にブレイクしたツイッターのお化けアカウントがある。東京・世田谷にある単立上馬キリスト教会。「使徒信条、ニカイヤ信条、アタナシウス信条に立脚」した、  ・・・

 詳細はこちら

 年末から来年にかけて意欲的な大型出版が続く。教文館が刊行した『旧約新約聖書神学事典』(A・ベルレユング、C・フレーフェル編/山吉智久訳)もその一つ。明石書店からは『ビジュアル大百科――聖書の世界』(  ・・・

 詳細はこちら

 「忽然として一人の人物が姿を現わす」「闇市の雑踏の中に現れたのはイエス・キリストである」――主筆の武藤富男が「創刊の辞」にそう書き記して以来、実に70年の長きにわたり出版事業を続けてきた小社。その節  ・・・

 詳細はこちら

 教会関係者によるフリーマーケットとして2011年から毎年秋に行われている「いのり☆フェスティバル」(略称=いのフェス)が11月5日、初めて名古屋のウインクあいち(愛知県産業労働センター、名古屋市中村  ・・・

 詳細はこちら