最近のトップニュース

 「オタクにとって聖なるものとは何か」と題するワークショップが2月27日、日本女子大学(東京都文京区)で開かれ、宗教学を専攻する学生や研究者らが参加した(日本女子大学文学部・文学研究科学術交流企画主催  ・・・

 詳細はこちら

 「教養という魔物と正面から向き合う」をコンセプトに、東洋思想・日本文化の第一線で活躍する専門家を招いた講座「大人の教養学部」が東京・銀座で開かれた(株式会社伊東屋、築地食の街づくり協議会協賛)。元東  ・・・

 詳細はこちら

 中国最大規模の教会「崇一堂」(浙江省杭州市、5千人収容可)の主任牧師である顧約瑟牧師(全国中国基督教協会常務委員会の委員、および浙江省基督教協会の会長)が1月半ばに突然、同教会の職より解任された。そ  ・・・

 詳細はこちら

 今年も2月11日の「信教の自由を守る日」を迎え、各地の教会で「建国記念の日」に象徴される国家主義の台頭を危惧する集会が行われた。信徒の高齢化に伴い、集会の参加者も高齢者層に偏る傾向にあるが、教派を超  ・・・

 詳細はこちら

 『キリスト教年鑑』(キリスト新聞社)編集委員会は2015年9~10月にかけて、同年鑑の国内人名欄に登録された教職・信徒を対象に「戦後70年・教会アンケート」を実施した。2015年版の国内人名欄に掲載  ・・・

 詳細はこちら

 2014年の中央教育審議会の答申を受けて、文部科学省は昨年、学習指導要領を一部改定し、小学校で18年度から、中学校で19年度から「道徳の時間」を「特別の教科 道徳」に格上げすることを決定した。15年  ・・・

 詳細はこちら

 日韓両政府が昨年12月28日の外相会談で、日本軍「慰安婦」問題を「最終的かつ不可逆的に解決されることを確認」と発表したことを受けて、両国のキリスト教界からは「被害者不在で解決はできない」「両国間の外  ・・・

 詳細はこちら

 今年、創立30周年を迎えたキリスト教カウンセリングセンター(CCC)の立ち上げから深く関わり、キリスト教カウンセリングの普及に尽力してきた関係者とともに、30年の歩みを振り返りつつ、これからの新しい  ・・・

 詳細はこちら

――戦後70年を振り返って思うことは? 勝谷 今年は、安保関連法をめぐる論戦が国会内外やネット上でも繰り広げられましたが、目についたのは誠意のない答弁や反対者の人格を否定するような非難中傷、観念的すぎ  ・・・

 詳細はこちら

 宗教改革500年を迎える2017年を前に、上智大学キリスト教文化研究所はカトリック東京大司教区との共催で、「ルターにおける聖書と神学」をテーマに、2015年度聖書講座を11月14~15日、同大学(東  ・・・

 詳細はこちら