最近のトップニュース

 安保関連法案をめぐる与野党の攻防がヤマ場を迎え、国会前での抗議行動も日増しに熱を帯びている。8月30日、「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」と「SEALDs(シールズ)」が呼びかけた  ・・・

 詳細はこちら

――戦後70年という節目にあたって思うことを。 三谷 終戦(8月15日)の1週間前(広島原発投下の2日後)、わたしの住んでいた福山市はB29の爆撃を受けて焼け野原となりました。幸いわたしの家は郊外で難  ・・・

 詳細はこちら

 安全保障関連法案に反対する動きが大きなうねりとなっている。7月16日に同法案が衆議院を通過してから、各大学の教職員・学生有志による声明が相次いで発表され、賛同者の数も日に日に増している。キリスト教主  ・・・

 詳細はこちら

 ――戦後70年を振り返って思うことは? 吉松 満13歳に旧満州の大連で敗戦を迎え、8月15日の詔勅は中学校の校庭で聞きました。大連は、本土から中国へ侵略した日本軍の玄関口だった場所ですが、やがて日本  ・・・

 詳細はこちら

――戦後70年という節目にあたって思うことを。 坂内 70年前、日本はこれまでにない未曾有の打撃を受けて敗戦し、アメリカによる占領と新しい憲法による歩みが始まりました。今の政府は「押し付け」だと言いな  ・・・

 詳細はこちら

 現行の日本国憲法は米国からの押しつけだとする主張があるが、GHQ草案は憲法学者の鈴木安蔵が作成した憲法草案を参考にしたと考えられる。青山学院大学総合文化政策学部准教授の森島豊氏は、論文「日本における  ・・・

 詳細はこちら

 本紙創刊から7年目の1953年に掲げられた本紙標語「平和憲法を護れ」「再軍備絶対反対」は、その後も変わることなく題字と共に掲載されてきた。当時の社説(53年9月19日付)によれば、憲法草案者の金森徳  ・・・

 詳細はこちら

 助けを必要とする若者のために生涯をささげ、青少年教育に献身するサレジオ会を創立したドン・ボスコ。彼の生涯を漫画化した『コラッジョ!!』(ドン・ボスコ社)が話題を呼んでいる。夢もなく、人間関係に疲れた  ・・・

 詳細はこちら

 日基教団の信徒による組織「全国信徒会」が約半世紀を経て再結成された。「主にある一致」「賜物の分け合い」「会員相互の交わり」を通して、教団の福音伝道推進に寄与することを目的としている。6月9日、富士見  ・・・

 詳細はこちら

 南アフリカのアパルトヘイト撤廃運動に献身し、1990年、手紙爆弾に遭って両腕と片目を失った聖公会司祭のマイケル・ラプスレー氏が、6月9日から14日にかけて初めて来日した。9日は聖公会神学院(東京都世  ・・・

 詳細はこちら