最近のトップニュース

 現行の日本国憲法は米国からの押しつけだとする主張があるが、GHQ草案は憲法学者の鈴木安蔵が作成した憲法草案を参考にしたと考えられる。青山学院大学総合文化政策学部准教授の森島豊氏は、論文「日本における  ・・・

 詳細はこちら

 本紙創刊から7年目の1953年に掲げられた本紙標語「平和憲法を護れ」「再軍備絶対反対」は、その後も変わることなく題字と共に掲載されてきた。当時の社説(53年9月19日付)によれば、憲法草案者の金森徳  ・・・

 詳細はこちら

 助けを必要とする若者のために生涯をささげ、青少年教育に献身するサレジオ会を創立したドン・ボスコ。彼の生涯を漫画化した『コラッジョ!!』(ドン・ボスコ社)が話題を呼んでいる。夢もなく、人間関係に疲れた  ・・・

 詳細はこちら

 日基教団の信徒による組織「全国信徒会」が約半世紀を経て再結成された。「主にある一致」「賜物の分け合い」「会員相互の交わり」を通して、教団の福音伝道推進に寄与することを目的としている。6月9日、富士見  ・・・

 詳細はこちら

 南アフリカのアパルトヘイト撤廃運動に献身し、1990年、手紙爆弾に遭って両腕と片目を失った聖公会司祭のマイケル・ラプスレー氏が、6月9日から14日にかけて初めて来日した。9日は聖公会神学院(東京都世  ・・・

 詳細はこちら

 全国の神社や仏閣に油のような液体がまかれた事件で、アメリカ在住の医師でIMM(インターナショナル・マーケットプレイス・ミニストリー)創設者の金山昌秀氏(会見では「K氏」と紹介)に対し、建造物損壊容疑  ・・・

 詳細はこちら

 東京神学大学で教鞭をとり、齢八十五を超えて、未だ学問研究への情熱は衰えることがない神学者。この間、日本基督教団の現状、「東神大紛争」、聖餐論争をめぐって、独自のスタンスで問題提起を続けてきた赤木善光  ・・・

 詳細はこちら

 カトリックの聖パウロ女子修道会(東京都港区)が発行する月刊誌「あけぼの」が、創刊から60年目を迎えた今年、4月号をもって休刊した。5月には特別編集の感謝号が発行されたほか、これまでの歩みに感謝する「  ・・・

 詳細はこちら

 米デューク大学神学部和解センター「北東アジアキリスト者和解フォーラム」主催による国際シンポジウム「北東アジアにおける和解と平和のための祈り」が4月26日、長崎原爆資料館(長崎市平野町)を会場に開催さ  ・・・

 詳細はこちら

 「お坊さんバラエティ」として人気を博するテレビ朝日系列の番組「ぶっちゃけ寺」(5月11日放送)に、キリスト教の神父と牧師、シスターが出演した。宗派を超えた複数の僧侶らが出演し、「爆笑問題」の2人(太  ・・・

 詳細はこちら