101歳〝世界最高齢牧師〟大嶋常治氏が死去 2010年2月27日

 世界最高齢の現役牧師であった大嶋常治氏(自由クリスチャン伝道団神戸フィラデルフィヤ教会牧師)=写真=が2月13日、神戸市内の病院で死去した。101歳。葬儀は15日、日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団御影神愛キリスト教会で行われた。司式は杉本俊輔氏(同教会主任牧師)、喪主は長男の善直氏(神戸フィラデルフィヤ教会副牧師)。
 1908年生まれ。現役牧師として74年間にわたり牧会に従事。民生委員とかけあい生活保護が受けられるよう交渉するなど、生活困窮者への支援にも積極的に取り組んだ。昨年横浜で開かれた「日本プロテスタント宣教150周年記念大会」では、10分間の証しを行った。

宣教・教会・神学一覧ページへ

宣教・教会・神学の最新記事一覧

TO TOP