Ministryとは

Ministry ミニストリー4つの特色

特色1 現在いま読む 歴史かこを解く

社会やキリスト教界の諸課題を取材・検証・解説する業界誌

  • 特集
  • ニュースを神学する
  • 時事評論

特色2 技量わざを磨く 知恵を分かつ

牧師のスキルアップや教会運営に役立つ「実践神学」の専門誌

  • シリーズ・21世紀 神学の扉
  • 連載「説教道場」「ワタシの礼拝論」「宣教学特講」ほか

特色3 隔てを超える 他者と出逢う

違いを超えて議論できる「広場」を提供するミニコミ誌

  • 対談
  • インタビュー「ハタから見たキリスト教」
  • 新来者が行く

特色4 次代じだいを担う 時代を拓く

「和解」と「形成」のために新風を起こすオピニオン誌

  • 次世代を代表する執筆者
    朝岡勝/荒井仁/石居基夫/越川弘英/中道基夫/西原廉太/濱野道雄/平野克己
  • 神学生インタビュー

雑誌に『信徒の友』や『(教会学校)教師の友』はあっても、『牧師の友』はこれまでありませんでした。そこで、実践神学に携わる「中年たち」がさまざまなところから集まってきて、新雑誌を創刊しようということになりました。わたしたちの願いは一つです。次世代の教会を築く若い牧師、そして教会役員たちが、元気にこの荷を負っていけるように! この雑誌が、特に次世代の教会を担う牧師たちの「友」になることを願っています。そして、教会を造り上げるつとめを担い続ける教会役員の方々にも、誌面を通して復活の主の息吹が届けられますように。

(編集主幹・平野克己)

Ministryをおすすめします!

  • 賀来周一
    元ルーテル学院大学・神学校教授

    これまでも、牧師や信徒のための定期刊行物は数多く発行されてきました。それぞれに益するところ多大なものがありましょう。 それらの中にあって、応援マガジン「Ministry」の刊行目的は、教会が「ゲンキ」になることなのです。牧師にとって伝道牧会の現場で実践的なヒントが与えられ、かつ神学的にも刺激を受けて、「ナルホド、ソウカ」とうなずけるものを提供してくれる雑誌があれば、教会の活性化はまちがいありません。

  • 郷家一二三
    日本ホーリネス教団委員長 坂戸キリスト教会主任牧師

    私が所属する日本ホーリネス教団も、昨年の受洗者数が全国の教会数を下回った。100年を越える教団始まって以来の、まさに危機そのものである。
    わたしがなぜ、われわれ危機の時代に生きている牧師・信徒に、「Ministry」(ミニストリー)を読んでほしいのか。この雑誌は、伝道会議同様に多様な角度から教会と社会の問題を切り取って見せてくれる。しかし、それにとどまらず危機克服の道をも示しているからである。

  • 山岡三治
    イエズス会司祭・上智大学神学部教授

    本誌はまことに時宜を得て、宣教にかんするテーマが目白押しである。発行者のキリスト新聞社は、従来からカトリック、プロテスタントの区別なく、ホットな話題を提供し、ニュースや文化、出版物の解説にも秀でている。このたび「Ministry」が宣教を志す牧師・司祭や教会役員らの使命遂行の大きなサポーターとなってくれているので、カトリック教会としても大いにこれを利用して、宣教の成果をあげていきたい。

  • 中道基夫
    関西学院大学神学部准教授

    今回わたしたちが企画しました「Ministry」は、教会の中で蓄積されている経験知を様々な視点から批判的に問いつつ、活性化させ、言葉化することによって「専門知」へと高めようとする試みです。そのために、エキュメニカルな刺激や教会外からの視点も求めました。
    この雑誌で扱われるテーマが牧師と信徒という区別なく教会で共有されることによって、「次世代の教会をゲンキにする」ことができればと願っています。

TO TOP