バチカン移住移動者評議会が基金 2011年4月9日

 バチカン(ローマ教皇庁)移住移動者司牧評議会は震災による津波の被害を受けた船舶・漁業関係者を支援するため「海洋司牧特別基金」を設立、全世界の船員司牧に携わるすべての司教、司祭、修道士、信徒へ募金の呼びかけを開始した。集められた募金は、日本のカトリック司教協議会「難民移住移動者委員会」の船員司牧部門に直接届けられる。

 同評議会は、移住者と旅行者の精神的な世話を行うため1970年、教皇パウロ6世によって「委員会」として設立。これ以外の仕事としては、世界のさまざまな移動者の司牧に関する研究も行う。

宣教・教会・神学一覧ページへ

宣教・教会・神学の最新記事一覧

TO TOP