横浜でB&A+チャリティー展 〝神への畏れと隣人愛〟 2011年6月25日

 バイブル・アンド・アートミニストリーズ(町田俊之代表)は、「バイブル&アート+チャリティー展」を6月26日まで、神奈川県の横浜市民ギャラリーで開催する。

 昨年、創立15周年を迎えた同団体。全国公募の展覧会としては今回が6回目となる。今年は東日本大震災を受けて、チャリティー展の要素を含めた開催となった。日本全国から47人が出品し、米国とイギリスからも13人が参加。販売用の作品も含めて約250点が展示される予定だ。収益金はすべて被災地に送られる。

 「神を畏れ、隣人を愛する」をモットーにしたという町田氏。「今回の震災を目の当たりにして、神を畏れなければいけないということをあらためて感じた。そこから隣人を愛していこうという思いで、展覧会の開催を呼びかけた」と語る。

 季刊「ミニストリー」(キリスト新聞社)で漫画を連載中のNORIKOさんも参加し、描き下ろしの作品を出品する。

 開催時間は、午前10時~午後6時(最終日は4時まで)。入場無料。問合せは同主催(℡048・837・8583)まで。

特集一覧ページへ

特集の最新記事一覧

TO TOP