レンブラント作品 盗まれ教会で発見 2011年9月10日

 【CJC=東京】米カリフォルニア州ロサンゼルス近郊マリナデルレイのリッツ・カールトン・ホテルから8月13日盗まれていた、17世紀オランダの画家レンブラントの作品とされる絵画がロサンゼルスのセント・ニコラス・エピスコパル教会の建物で15日見つかった。犯人は作品に付いていた額の裏紙をはがそうとしてあきらめ、施錠されていなかった建物の中に放置したとみられる。
 作品は1655年ごろに描かれた縦約15㌢、横約25㌢のペンスケッチ。タイトルは「審判」で、約25万ドル(1900万円)の価値があると推定される。

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP