米フロリダ州の教会 銃乱射で牧師ら重傷 2011年10月1日

 米フロリダ州レークランドの民家で9月18日朝、男が妻を射殺した後、近くのグレーター・フェイス・クリスチャン・センター教会に乱入した。日曜礼拝の合間とあって、教会員20人近くが祈っていた。ポーク郡シェリフ事務所によると、男はジェレマイア・フォーグル容疑者(57)で同教会元会員という。同容疑者は、牧師と副牧師に向けて発砲した。

 教会員が銃を奪うことに成功、マイクで頭をなぐり、容疑者を取り押さえた。ウイリアム・ボス牧師は後頭部を撃たれ、カール・スチュアート副牧師は耳や背中を撃たれ、病院に収容されたが重傷。教会員にけがはなかった。

 原因は不明だが、AP通信によると、近所の人によると夫婦仲は良さそうだったという。(CJC)

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP