グラウンド・ゼロ ギリシャ正教会が移転再建へ 2011年11月5日

 10年前、ニューヨークのワールド・トレード・センターが同時多発テロで崩壊した際、そのあおりを受けて近くのシーダー・ストリートにあった「セント・ニコラス・ギリシャ正教会」も壊滅した。1916年にギリシャ移民によって建設された同教会、「グラウンド・ゼロ」と名付けられた跡地に存在していた唯一の宗教建造物だった。

 同地での建物再建を規制していたニューヨーク・ニュージャージー港湾局を相手どって訴訟に持ち込んでいた教会が、このほどアンドリュー・クオモ市長の仲介を受け入れ提訴を取り下げた。ENIニュースが報じた。

 10月14日に明らかにされた合意によると、教会はリバティ・ストリート沿いの敷地に4100平方フィート(約380平方メートル)の新会堂と超教派の慰安センターを2013年から建設する。費用や工期は未定。(CJC)

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP