教皇とイスラム教指導者が? 2011年12月10日

 【CJC=東京】伊アパレルブランド「ベネトン」が広告に、各国首脳や宗教指導者らがキスをする合成写真を使用したことに反発が広がった。
 「ベネトン」は11月16日、「アンヘイト(反憎悪)」キャンペーンと銘打って、各国指導者らの合成キス写真広告を各地のベネトン店舗のほか、新聞、雑誌、ウェブサイトなどで展開した。
 バラク・オバマ米大統領は、中国の胡錦濤国家主席とキス。イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相とパレスチナ自治政府のマフムード・アッバス議長、ニコラ・サルコジ仏大統領とアンゲラ・メルケル独首相などの組み合わせの中に、教皇ベネディクト16世とイスラム教の有力指導者アフマド・アル・タイーブ師などのキスシーンも展開された。
 教皇の広告はバチカン(ローマ教皇庁)の抗議で同日中に撤去された。AFP通信によると、ベネトン側は「あらゆる形態の憎悪文化に立ち向かうこと以外の意図はない」「信者の皆様方の感情を深く傷つけたことを謝罪する」と釈明したものの、バチカンは17日、「人々の尊厳でなく、信者の感性をも傷つけるものだ」として、問題の写真が出回らないよう法的措置を取ったことを明らかにした。

社会・教育一覧ページへ

社会・教育の最新記事一覧

TO TOP