訪中のメルケル首相、広州の甘俊邱司教と会談 2012年2月18日

 ドイツのアンゲラ・メルケル首相は2月4日、2日からの中国公式訪問を終えた。プロテスタントのメルケル首相だが、今回の訪問では公認カトリック教会のヨセフ甘俊邱・広州司教との会談を希望しており、4日に実現した。甘司教は公認教会に属しているが司教叙階は教皇の承認を得ている。

 同司教は、教区をメルケル首相に案内し、質問には出来るだけ答えるよう、当局に要請されたと言う。香港紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」は「外国の指導者は中国の現状を把握するために特定の宗教を取り上げるのが普通だ」と同司教が語った、と報じている。

 首相は、リベラルな論調で知られる中国紙「南方週末」の編集局も訪問しようとしたが、実現しなかった。南方週末は「多忙で接待できない」と断ったと伝えられるが、同紙編集者は中国政府からの圧力を受けていたと語っている。首相と編集幹部らとの間で報道の自由や人権問題などが話題になるのを避ける狙いがあったと見られる。

 メルケル首相にとって首相就任以来5回目の中国訪問だが、首相の意図は中国側の厚い壁にさえぎられた格好だ。北京の人権派弁護士、莫少平氏が公安当局に首相主催の夕食会への出席を阻まれたとも報じられた。

 メルケル首相の訪問は今回が5回目。これまでの訪問では2006年に上海のアロイジウス金魯賢司教と会談した。同司教はドイツ語を話す。

 西側の首脳が中国訪問の際、「宗教」に関係するのはメルケル首相が初めてではない。08年に当時のジョージ・ブッシュ米大統領が北京のプロテスタント教会の礼拝に出席している。

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP