沢知恵さん初の単行本 大阪・東京で記念コンサート 2012年3月3日

 昨年、初の単行本として『ありのままの私を愛して――母から子への26の手紙』(日本キリスト教団出版局)、『それだけで美しい』(いのちのことば社)の2冊(いずれもCD付)を出版したシンガーソングライターの沢知恵さん(写真左)が、大阪、東京で出版記念コンサートを開催した。

 2月11日、日基教団原宿教会(東京都渋谷区)で行われたコンサートには、『それだけで美しい』に銅版画を提供した奥勝實さん(銅版画家=写真右)もゲストに招かれ、トークショーが行われた。沢さんは東日本大震災後の心境に触れ、「いい人ぶるのをやめて、言うべきことを言い、歌うべきことを歌い続けたい」と語った。

 終演後には、老若男女の参加者がサインを求めて列を作った。入場料の一部は東日本大震災支援金に寄付される。

 『ありのままのわたしを愛して』は、出産と子育ての日々を手紙形式でつづったドキュメンタリー。両書とも親、信仰者、歌手としての「ありのまま」の言葉や祈りがあふれている。問合せはコモエスタ(info@comoesta.co.jp)まで。

映画・音楽・文化一覧ページへ

映画・音楽・文化の最新記事一覧

TO TOP