「神の死」の神学者 ハミルトン氏死去 2012年3月17日

 「神の死の神学」で知られる米国の神学者ウイリアム・ハミルトン氏が2月28日、オレゴン州ポートランドの自宅で心不全のため死去した。87歳。葬儀は予定されていない。

 1966年、週刊誌『タイム』4月8日号に掲載した「神は死んだか」で一挙にその名を知られるようになった。「殺すぞ」など激しい攻撃にさらされ、翌年にはコルゲート・ロチェスター神学校教授の地位を追われるまでになった。

 専門週刊誌「クリスチャン・センチュリー」によると、『ラディカル神学と神の死』の共著者トーマス・アルタイザー氏は、ハミルトン氏を「アメリカにおける神の死運動の最も明確な指導者」と呼んでいた。「現代文化と対話する中で、神の死の神学的受容を形成するため、プロテスタント新正統主義の障壁を突破した最初の神学者」と言う。

 邦訳書に、ハミルトン・アルタイザー共著、小原信訳『神の死の神学』(1969年、新教出版社)などがある。

宣教・教会・神学一覧ページへ

宣教・教会・神学の最新記事一覧

TO TOP