中絶・避妊への保険適用で「宗教的自由損なう」 米カトリック教会が批判 2012年3月24日

 従業員の妊娠中絶、不妊、避妊に健康保険適用を遵守することを全団体(カトリック関係を含む)に求めた米政府の決定に対し、米カトリック司教協議会会長のティモシー・トーラン枢機卿(ニューヨーク大司教)は「宗教の自由に関する特設委員会」のウィリアム・ロリ議長(ブリッジポート司教)との連名で、「米国が尊重する宗教的自由を損なうものだ」と批判する書簡を全米の司教宛てに送った。書簡は2月22日付けだが、このほど公表された。

 今回の〝抵抗〟は、「ただ避妊、堕胎誘発薬や不妊に反対する」とか「共和党か民主党か、保守か自由か」といったものではない、とドーラン枢機卿。「すべての人にとって、これは宗教的自由の第一、最大の問題。政府がカトリック信者に、宗教的信念を犯さずには保険業に携わるな、と言えるなら、どうなるか。これは憲法の限界を超え、わが国が建国された基本的権利を侵すことになる」と言う。(CJC)

 

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP