新教出版前社長 森岡巌氏が死去 2012年3月24日

 新教出版社前社長の森岡巌氏が3月6日、脳出血で死去した。87歳。葬儀は9日、日基教団信濃町教会で行われた。司式は同教会牧師の稲垣千世氏。喪主は妻の恵子さん。
 1924年、高知県出身。東京大学法学部政治学科卒業後、49年、新教出版社に入社。『福音と世界』編集長、同社社長を経て、2006年退職。「森平太」の筆名でキリスト教界からの発信に尽力した。著書に『服従と抵抗への道――ボンヘッファーの生涯』、共編著に『日本基督教団50年史の諸問題』、『井上良雄研究 「世のための教会」を求めて』(いずれも新教出版社)などがある。

 

特集一覧ページへ

特集の最新記事一覧

TO TOP