全世界の移民、半分はキリスト者 米調査 2012年3月24日

 誕生した国から離れ今では他国で生活している全世界の移民2億1400万人の半分をキリスト者が占めている。ワシントンに本拠を置く「ピュー・リサーチ・センター」の「宗教と公的生活フォーラム」が3月8日発表した調査結果によるもの。現在、世界の移民の49%、1億600万人がキリスト者だという。次いでイスラム教徒が6千万人で約27%。

 ただ移民の各派全人口に対する割合で見ると、ユダヤ教徒が25%で最高。キリスト者は5%、イスラム教徒は4%に止まっている。その他は3%以下。

 ヒンズー教徒は総人口の10~15%を占めているものの、移民は全移民数の5%に過ぎない。

 この調査では、「国際的な移民」を母国以外の国で1年以上居住するものと、規定している。(CJC)

 

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP