アパルトヘイト非難の声明採択に尽力 改革教会の指導者エドモン・ペレ氏死去 2012年4月14日

 『世界改革教会連盟』(WARC)のエドモン・ペレ元総幹事が3月24日、ジュネーブで死去した。87歳。1970年から89年まで総幹事を務めた。

 世界改革教会連盟(WARC)と改革派エキュメニカル協議会(REC)は2010年に合併して新たに『世界改革派教会共同体』(WCRC)を結成している。230教会が加盟、総信徒数は約8000万。

 WCRCのセトリ・ニョミ総幹事は28日、「全世界の改革派教会家族は1人の天才、敬愛する指導者、社会変革にコミットした牧師を失った」とペレ氏を悼む声明を発表した。

 1982年、WARCはカナダ・オタワで開催した総会で、アパルトヘイト(人種隔離政策)を神学的に正当とすることは異端だとする声明を採択した。ここに至るまで、ペレ氏のリーダーシップが発揮されたと見られる。

 ペレ氏は1925年7月30日生まれ。50年にジュネーブのプロテスタント教会牧師に任職された。カナダ・モントリオールのマックギル大学で神学を学び、51年から56年までカナダ合同教会の牧師、64年から66年までジュネーブのプロテスタント教会シノッド議長。葬儀は4月2日、ジュネーブのプロテスタント教会で。(CJC)

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP