「牧会ジャーナル」ウェブ版開始 教会建て上げるためサポート 2012年4月28日

 2011年12月に紙媒体での発行を終了した「牧会ジャーナル」が、4月23日から正式に「ウェブ版」を開始する。

 同誌はこれまで季刊誌として「いのちのことば社」が発行してきたが、ウェブ版の発行は「牧会塾」(森直樹代表)が引き継ぐ。編集委員長は坂野慧吉氏(日本福音自由教会協議会浦和教会牧師)が務める。「キリストの福音を宣教し、キリストのからだなる教会を建て上げるために召された人々のためのサポート」を目指し、2月から試験的に公開を行ってきた。

 執筆者は坂野氏の他に、藤原導夫(お茶の水聖書学院副学院長・日本バプテスト教会連合市川北教会牧師)、太田和功一(クリスチャン・ライフ成長研究会主事)、田中恭子(日本同盟基督教団岡山グレース・チャーチ牧師夫人)、藤掛明(聖学院大学大学院准教授)、堀肇(日本伝道福音教団鶴瀬恵みキリスト教会牧師、ルーテル学院大学講師・聖学院大学総合研究所カウンセラー)、小渕春夫(あめんどう代表)、高橋伸多(日本同盟基督教団教師)、吉田潤子の各氏。

 発行期間は2014年3月までの2年間で、毎週月曜日に記事が更新される。購読料は2年間3千円。団体割引の制度もあり、1教会あたり10人以上の申し込みで1人2500円。25人以上は1人2千円となる。購読者にはIDとパスワードが発行され、バックナンバーも閲覧できる。申し込みは同サイト(http://www.journal.pastors.jp/)まで。

 

宣教・教会・神学一覧ページへ

宣教・教会・神学の最新記事一覧

TO TOP