いつ・どこでも聖書読めるソフト ダウンロード5000万 2012年5月26日

 インターネット上の教会を目指す米国「ライフ・テャーチ・TV」(クレイグ・グレシェル主任牧師)が、2008年から無料で配布している「聖書」を読むアプリケーション「YouVersion」=写真。合計ダウンロード数が5千万を超えたと5月10日、ホームページ上で発表した。

 インターネット上には聖書を読めるサイトがいくつもあるが、一度登録すると、どのパソコンでも、またスマートフォンやタブレットから読書端末などでも利用出来るのが「YouVersion」。無料でありながら、「どこでも誰でも」、ということが評価されたと見られる。

 現在144言語の聖書が収録されている。読み上げられた声を聞くことの出来るオーディオ版も300以上。ネットならではの読み方など様々な利用法を提案しているというところも人気のようだ。

 画面は使いやすいようにデザインされ、聖書を読む計画や「しおり」などを各端末間で同期できるパーソナライズ機能のほか、聖書を読んで考えたことのノートを書き込むことも出来る。

 各言語ごとに利用出来る聖書の数は一様ではない。日本語を見ると、「口語訳」と「リビングバイブル」だけ。日本聖書協会のサイトには収録されている「新共同訳」や福音派で用いられる「新改訳」などはない。ウイキソースで利用出来る「文語訳」もない。

 著作権法上では自由利用が認められるものでも、ネット上で利用可能にするためには、本文のデジタル化が必要。その入力をどうするか、その結果の真正性をどうやって確保するか、など残された課題は多いと見られる。

 コンピューターやスマートフォンなどで、ソーシャルメディアやゲームを利用する人が急増している中で、数千年昔にさかのぼるコンテンツ(内容)である聖書が、これほどに利用されていることの背景には、印刷・配布される聖書が「永遠のベストセラー」と評される実績がある。

 正確な数は判明しないものの、「聖書」は毎年5億冊以上が印刷されていると見られる。聖書協会世界連盟の発表では、2009年までに一部分でも聖書が訳出された言語は2508に達している。

 「YouVersion」を日本語で利用を始める場合は、http://www.youversion.com/ja/about で。

宣教・教会・神学一覧ページへ

宣教・教会・神学の最新記事一覧

TO TOP