オリンピックを伝道の機会に 「モア・ザン・ゴールド・ジャパン」 2012年6月2日

 7月27日から開催されるロンドンオリンピックを伝道の機会にしようと、日本でも「モア・ザン・ゴールド・ジャパン」(事務局=総動員伝道内)が組織された。

 「金メダルよりも」を意味する「モア・ザン・ゴールド」(MTG)は、1996年のアトランタオリンピック以来、世界の主要なスポーツ大会に関わり、信仰に基づいた伝道、ホスピタリティ、奉仕、さらにイベントの組織委員会と教会の間の接点を提供する活動を行っており、今年のロンドンオリンピックに向けてMTGUKをイギリスで設立した。

 MTGジャパンは、姫井雅夫氏(日基教団赤坂教会牧師、スポーツ・アウトリーチ・ジャパン)を中心に組織され、これまでにシドニーオリンピック(00年)と北京オリンピック(08年)で活動を行ってきた。今回のロンドンオリンピックでは、日本で行う伝道と、ロンドンで行う伝道の二つの形態を計画している。

 日本で行う伝道は、教会堂にスクリーンを設置し、テレビ放映される実況中継を映して観戦した後に伝道の時とする、というもの。家庭伝道にも利用できるようにと、MTGUKが制作したトラクトをもとに、日本語版のトラクトを現在制作している。

 ロンドンで行う伝道は、現地での伝道プログラムに参加する人を募集して団体を編成し、現地の日本語教会や世界から集まってくるキリスト者と一緒に競技場や会場の入り口でトラクトや小冊子を配布する、というもの。

 世話人には現在、姫井氏の他、鈴木英治(単立立川若葉町キリスト教会牧師、スポーツ・アウトリーチ・ジャパン)、米内宏明(日本バプテスト教会連合国分寺教会牧師、スポーツネット)、池田恵賜(日本福音キリスト教会連合本郷台キリスト教会牧師、スポーツネット)、ジョン・ラデュ(ユース・ウイズ・ア・ミッション=YWAM)、テルコ・スミス(YWAM)、ジョセフ・オデュ(モンゴリア・ミッション)の各氏が名を連ねている。

 MTGジャパンでは今後、「この機会を伝道に活用するには」というテーマでのセミナーの開催や、活動をPRするためのチラシ、ホームページ(http://www.mtgjapan.com/index_jp.html)の作成を予定している。問合せは、総動員伝道(℡03・3291・5035)まで。

宣教・教会・神学一覧ページへ

宣教・教会・神学の最新記事一覧

TO TOP