シンガポールで資金流用の疑惑 2012年8月11日

 信徒数3万3千人の巨大教会、シンガポールの「シティー・ハーベスト教会」の資金流用疑惑で、現地検察は6月、教会創設者で主任牧師のコン・ヒー(康希)容疑者ら5人を告発した。教会資金2400万シンガポール・ドル(1ドルは約63円)を債券に投資したと見せかけ、コン容疑者の妻でポップ歌手のホー・ヨースンさんの売り込みに使った容疑。さらに欠損金を埋めるため2660万ドルを流用した。

 「カリスマ運動」系の同教会は慈善団体として登録しているが、平均礼拝出席者約2万3千人。関係教会をアジア各地に展開している。(CJC)

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP