被災地少女合唱団 教皇に感謝の歌声 2012年9月8日

 イタリア・ローマ郊外カステルガンドルフォの夏の別荘で8月22日、福島・南相馬市を拠点に活動する合唱団「MJCアンサンブル」が、教皇ベネディクト16世の恒例の水曜一般接見に参加、被災地支援への感謝の歌「祈り」を披露した。

 接見には世界各国から4千人以上が集まっていた。同アンサンブルからは、団長・太田絵菜さん(15)が代表して登壇、教皇に直接接見した。メンバーは「被災地への温かい言葉と支援ありがとうございました」と、南相馬市からのプレゼントを教皇に手渡した。

 教皇は、「祈り」に対して、十字架のネックレスと拍手を、そしてメンバー1人ひとりに手を振って応えた。(CJC)

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP