東尾理子さん「笑顔広がれば世界が平和に」 ワールド・ビジョン・ジャパン〝命の木プロジェクト〟 2012年9月8日

 特定非営利活動法人「ワールド・ビジョン・ジャパン」(WVJ、片山信彦事務局長)は8月27日から9月2日にかけて、東京・六本木ヒルズで夏休み中の子ども向けイベント「みんなで『命の木』を作ろう!」を開催した。

 世界で年間760万人の子どもたちが、栄養不良や治療可能な病気によって5歳未満で亡くなっている現状を改善するため、6月から継続している「命の木プロジェクト」の一環で、子どもたちが世界に目を向けるきっかけを提供するもの。

 このプロジェクトは、全国から募集した「子どもたちの命を救いたい」という気持ちを表す絵・言葉・写真で「命の木」を作り、10月に東京で開催される国際通貨基金(IMF)・世界銀行年次総会で、日本政府と世界のリーダーに提出するという取り組み。

 28日には、2009年からチャイルド・スポンサーとしてベトナムの子どもを支援してきたプロゴルファーの東尾理子さんがゲスト出演。参加した約20人の子どもたちに向けて紙芝居を読み聞かせながら、世界の子どもたちが直面する現実について解説した。その後、「世界の子どもたちが、まず5歳まで生きられるように」との気持ちをこめて、会場内の「命の木」に貼る葉っぱを子どもたちと創作。

 最後に、「みんなにとっては当たり前かもしれないけど、世界中にはご飯も食べられない子どもたちがたくさんいるって勉強したよね。だから、好き嫌いをせず、いっぱい食べて元気になりましょう」と呼びかけた。

 自身は妊娠8ヵ月。取材陣を前に「今から生まれてくる子や世界中の子どもが、体も心も元気に育ってほしい」と述べ、葉っぱに「スマイル&ピース」と書いた理由について、「どんなに辛い時でも笑うことで自分も周りも元気になれる。笑顔も1人から2人に伝わっていくと思うので、それが広がれば世界が平和になれるのではないかと思う」と答えた。

 WVJは、国連経済社会理事に公認・登録されたキリスト教精神基づく国際NGO「ワールド・ビジョン」を構成している日本の民間援助団体。同プロジェクトでは、8月末の時点で当初目標としていた3万件のアクションをクリアしたが、引き続き9月20日まで、絵・言葉・写真を募集している。問合せはWVJ(℡03・5334・5350)まで。

社会・教育一覧ページへ

社会・教育の最新記事一覧

TO TOP