エキュメニカル・ニュース・インターナショナル 資金難で活動停止 2012年10月13日

 世界教会協議会(WCC)などが運営している通信「エキュメニカル・ニュース・インターナショナル」(ENI)は10月1日、活動を即時停止する、と発表した。現在2012年末まで活動を続けるため緊急資金を求めている。

 「この措置を取ることは残念だが、大規模な組織変更にも関わらず、昔からの支援者からの資金が大幅削減され、さらに購読者の大多数が料金を納入してくれないことが大きい」とENI通信会長のデービッド・ハリス牧師。

 「購読者は、全世界のエキュメニカルで宗教の枠を超えた、権威ある、偏向のないニュースを高く評価する、と言ってきた。活動停止は一時的なものとなり、ENIニュースが堅固な資金基盤を確保することを期待している。購読料金は、活動停止期間分を延長する」と語る同氏はカナダ・トロントの月刊誌『プレスビテリアン・レコード』の発行人。

 1994年に設立されたENIニュースは、世界教会協議会、ルーテル世界連盟(LWF)、世界改革教会連盟の支援を受けている。この3団体は皆、ジュネーブの「エキュメニカル・センター」に本拠を置いている。またスイスに本拠を置く「アルゴヴィア改革派教会」からも資金を受けている。

 2012年に入って、WCCとLWFが財務難から、ENIニュースへの資金提供を削減したが、これはこの数年続いた削減の最新のもの。

 ENIニュースの購読者は約500。「RNS」、「ラテンアメリカン・アンド・カリビアン・コミュニケーション・エージェンシー」、「エピスコパル・ニュース・サービス」と共同発行契約を結んでいる。

 記事はニューヨークに本拠を置くソランゲ・ドサンティス編集長と世界各地のジャーナリストが編集、全世界の教会系メディアと一般メディアが掲載している。2011年の発信ニュースは721件だった。英語で発信されるほか、ローザンヌの「プロテスインフォ」がフランス語に翻訳している。(CJC)

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP