新原発建設問う 投票で反対優勢 リトアニア 2012年10月27日

 バルト3国のリトアニアで10月14日、ビサギナス新原発建設の是非を問う国民投票が実施された。反対が62%を占め、賛成の34%を大きく上回った。同日実施された議会選挙でも、野党が優勢で、4年ぶりに政権に返り咲く見通し。(CJC)

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP