ビリー・グラハム氏がロムニー氏と会見 モルモン教への「カルト」表現も撤去 2012年11月3日

 米国の著名な大衆伝道者ビリー・グラハム氏と子息で「ビリー・グラハム伝道協会」会長のフランクリン・グラハム氏が共和党の大統領候補者ミット・ロムニー氏(マサチューセッツ州知事)と10月11日、ノースカロライナ州モントリートの自宅で会見した。

 93歳と高齢のビリー・グラハム氏は会談後、声明を発表した。「今日、我が家でロムニー知事と会い、もてなすことが出来てありがたい。特に彼の父、故ジョージ・ロムニー・ミシガン州知事と知り合い、友人と思っていたこともあり、思いは格別だ」として「ロムニー知事と、彼の家族と我が国のために祈ることは恵みだった。わたしは選挙直後に94歳になるが、今、アメリカが岐路に立っていると思う。アメリカ人多数が、我が国のために祈り、結婚に関する聖書の教えを支持し、生命の尊厳を保護し、信教の自由を守る候補者に投票するよう願う」と、ロムニー氏支持を明らかにした。

 ロムニー氏の宣教広報担当リック・ゴルカ氏によると、グラハム氏は「あなたを助けられることは何でもする」と語った。

 ただグラハム氏のウエブサイトでは、モルモン教徒を、ユニテリアン、エホバの証人、サイエントロジスト、スピリティスト、統一教会信徒などと共に「カルト」のメンバーとしていた。

 子息のフランクリン氏も「キリスト者のほとんどはモルモン教をキリスト教だとは認めないだろう」と語っていた。しかし同氏は、「同性婚を支持し、中絶を擁護する候補者には投票出来ない」と述べている。

 オバマ大統領は、中絶する権利を支持、個人的には同性婚を認める、と語っている。

 「ビリー・グラハム伝道協会」のウエブサイトが、モルモン教を「カルト」としていた表現を止めたことも明らかになった。

 撤去は、同性愛擁護グループが、会見後もウエブサイトで「カルト」と表現されたままだ、と指摘した後のこと、とRNS通信が報じた。

 同協会の担当者は「基本線はいつもイエス・キリストの福音を推進することで、今回の選挙戦の最中には政治的な問題に関し神学的な議論に巻き込まれたくないからだ」とする声明を発表した。(CJC)

海外一覧ページへ

海外の最新記事一覧

TO TOP