「新しい福音宣教」 シノドスがメッセージ発表 2012年11月10日

 「新しい福音宣教」をテーマに10月7日からバチカン(ローマ教皇庁)で開催した第13回通常シノドス(世界代表司教会議)は26日、「神の民へのメッセージ」を採択した。

 メッセージは、イタリア語をはじめ5言語で読み上げられ、シノドス・ホールに集った参加司教たちの拍手で迎えられた。

 メッセージでは、新しい福音宣教を世界の急務として示し、キリスト者は信仰によって恐れに打ち勝ち、確固とした勇気をもって福音を告げなければならないと、呼びかけている。

 バチカン放送(日本語電子版)によると、メッセージの要旨は次の通り。

 「神の民」とはヨハネ福音書に登場する「サマリアの女性」にたとえられ、イエスに出会う者は救いと希望の知らせの証し人とならざるをえない。しかしながら、福音を告げるには、自分自身が福音化され、回心していることが大切である。

 グローバル化、世俗化、移民現象、無神論などがもたらす困難に負けず、むしろこれらをすべて福音の機会としていかなければならず、新しい福音宣教を考えることは、イエスに人がどのように近づくことができるかを再発見することであるといえる。

 シノドスは家庭を福音宣教に適した自然の場所とみなし、それが教会や政治や社会によって支えられることを希望する。家庭における女性の特別な役割、父親の責任を強調すると共に、婚姻関係に無い男女の同居や、離婚者、再婚者に注目。教会の皆を受け入れる家としてのあり方を再確認している。

 新しい福音宣教は世界と同様の広がりを持つために、文化・教育・科学、芸術、経済、労働、政治、諸宗教など様々な分野での対話を必要とする。【CJC】

宣教・教会・神学一覧ページへ

宣教・教会・神学の最新記事一覧

TO TOP