バチカン ルーテル派に門戸を開く? 2012年11月10日

 ルーテル派が、カトリック教会との完全相互聖餐関係(フルコミュニオン)に入るため、聖公会の聖職者・信徒のために設けた「オルディナリアーテ」のような組織設立を提案するとなれば、それは検討に値する、とバチカン(ローマ教皇庁)のキリスト教一致推進評議会議長クルト・コッホ枢機卿が語った。カトリック系ZENIT通信が報じた。

 教皇べネディクト16世は2009年11月、教会法上の組織の一つ、属人区(オルディナリアーティ・ペルソナーリ)の形を導入する使徒憲章「アングリカノルム・チェティブス」(聖公会のグループ)を発表した。枢機卿は「それはローマ(バチカン)が主導したものではなく、聖公会側の働き掛けによるものだった」とし、「教皇は当時、私の見るところでは、非常に広大な解決を、図ったので、同様な要望がルーテル派から表明されれば、それにも反映させなければならないだろう。しかし主導権はルーテル派にある」と語った。【CJC】

宣教・教会・神学一覧ページへ

宣教・教会・神学の最新記事一覧

  •  

     
  • 求人/募集/招聘
  • 聖コレクション リアル神ゲーあります。「聖書で、遊ぼう。」聖書コレクション
  • 神サポ電気