「新福音宣教」シノドス閉会 教皇、教会の使命強調 2012年11月17日

 「キリスト教信仰を伝えるための新しい福音宣教」をテーマにした第13回通常シノドス(世界代表司教会議)は10月28日、閉会ミサを行い閉会した。今回のシノドスは、第2バチカン公会議開幕50周年、「カトリック教会のカテキズム」発行20周年を記念して、10月7日から開催された。

 ミサが行われたバチカン(ローマ教皇庁)のサンピエトロ大聖堂は、世界各国の司教などシノドス参加者や、巡礼者でいっぱいとなった。

 バチカン放送(日本語電子版)によると、閉会ミサを司式された教皇ベネディクト16世は説教で、教会の福音宣教への使命を強調、すべてのキリスト者が信仰の光を改めて得ることで、喜びをもってイエスに従うことができるように、と要望した。

 教皇は今回のシノドスから浮かび上がった司牧上のテーマとして、(1)洗礼・堅信・聖体など秘跡に対する入念な準備の必要とゆるしの秘跡の重要さの確認など、秘跡に関する認識の強化、(2)「新しい福音宣教」と「まだ福音を知らない人々に対する宣教」との間にある密接な結びつき、(3)洗礼を受けていながらキリスト教的生活から離れている人々への司牧、の3点を挙げた。【CJC】

宣教・教会・神学一覧ページへ

宣教・教会・神学の最新記事一覧

TO TOP