竹下ユキさんCD「街角のマリアたち」 キリスト教専門書店も扱う 2013年1月19日

 東京銀座でシャンソンを聞かせてくれる喫茶店「銀巴里」が閉店した1990年に、「銀巴里」の最後のオーディションに合格した竹下ユキさん=写真。これまで多くのコンサートホール、ライブハウスで歌ってきた。そんなライブに近い状態でCDを作ってみたいという願いで出来たニューアルバムが「街角のマリアたち」。このアルバムを機会にと、キリスト教専門書店で竹下さんのCDの扱いが始まった。

 竹下さんは大学卒業後シャンソンに興味を持ち、1989年の日本シャンソンコンクールで優勝。以来ソロ活動のほかに亀淵友香さんのコーラスチームに参加し、テレビ番組への出演や、アニメソングなどの録音も多数ある。現在は日本語で聴くヨーロッパの歌に焦点を当てたソロ活動を行っている。一方で子供の頃から教会音楽に親しみ、現在も聖歌隊で奉仕をしている。

          

 竹下さんは「賛美歌を集めてだけのアルバム作りの気持ちにはならなかった。俗な中に神様はいてくださる。世俗を歌うのがシャンソンです」と語る。ライブハウスのコンサートでは、「俗に生きている自分は教会に行って心を洗ってもらっている。心のきれいな人に教会は必要無いかも知れない」と、話したりもする。

 これまでのアルバムには賛美歌が収められているものがある。販売元のキングインターナショナルのCDの扱いでは、その例は他に無いという。

 教文館(東京都中央区銀座)のエインカレム店長の大倉さんは「音楽的にきちんとしている。ヨーロピアンテイストでしっかりした、訴えかけるものがあるのでは。期待したい」と話す。

 

映画・音楽・文化一覧ページへ

映画・音楽・文化の最新記事一覧

TO TOP